発売日 2009年04月16日(木)

本当は恐ろしい江戸時代

著者名:八幡 和郎(著者)

¥730(税別)

ISBN:
978-4-7973-5158-3
サイズ:
CAE53444-4A6D-43A5-80D8-648CFE5F9CB1
ページ数:
240
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・八幡 和郎

Twitter

Unable to load Tweets

  • 二分五厘

    250年間の泰平であったとか、エコ社会であったとか、日本の文化が花開いたとか、最近もてはやされている江戸時代。初期と幕末を除き、大きな事件もなく、平和な時代だったのかなと思っていたのだけど。初っぱなから「江戸時代と現代の北朝鮮はとても似ている」とぶちかましてくれます。中央が全国を把握して対策をとらないから、各地方がバラバラな対応でで餓死者が続出。武士はただの遺族年金生活者。大名・武士は先祖を辿れば大部分東海地方出身。江戸市民は現代の平壌市民と同じくらい幸福。決してユートピアではない実像を検証。 続きを読む

  • Noriko Ishii

    江戸時代は意外に暗黒時代だったのですよ。という、八幡先生らしい見方です。 続きを読む

  • 舞人(maito)

    「江戸時代に学べ」みたいな風潮が一時あったが、その論調を吹き飛ばす一冊。ま、そりゃそうですよね(苦笑)確かに平和ではあったし、現代の私たちが思い出すべきいいところもあるだろうけど、やっぱり数百年前の話し。現代と比較すると、怖くて不便なところはたくさんある。何より教育や法律、治安や倫理感など、「江戸時代に学べ」で出てくるテーマの認識自体がおかしいというところもあり、改めて事実を知るきっかけになった。特に教育レベルが高かった、という話はよくよく基準をはっきりさせて語る必要があるなあ。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品