発売日 2009年07月10日(金)

ブレイク ブレイド (6)

著者名:吉永 裕ノ介(著者)

¥560(税別)

ISBN:
978-4-7973-5543-7
サイズ:
3FDBDC27-F15A-41EB-BD35-2BED8DD38792
ページ数:
160
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・吉永 裕ノ介

Twitter

  • 少し落ち着きましたね

    5.0
    ベリー

    物語がここから大きくジャンプするための“タメ“のような巻です。それでも十分楽しいです。今までを超える勢いで伏線が張り巡らされます。一部紹介(今までの巻を是非読んでから参考にしてください)決着付くかと思ったあの激戦。意外とあっさりフェードアウト。それでもゾクゾクしちゃってます。遂にあかされる部隊全滅の真実。嘘で拭うも、女隊長のこれからやいかに?親子の過去話、将軍といえども人の親。人間味あふれる話や。しかし息子の真意やいかに。遂に動きます。隣の国が。宗教国家だったのか。猊下の人柄はいかに?そして故郷がピンチと走り出す主人公!弟の危機に颯爽と登場。恐怖と決意に挟まれながら、覚悟を決めていざ決闘!しかしお強ぇ…不敵な笑みが。ピンチどうなる主人公!っと非常にいいとこで終わります。次巻が待ち遠しい。絵の画力も向上し、安心して読める一冊です。しかし不安なのがアニメ化。女神候補生、X、朝霧の巫女など良作がアニメ化の影響で打ち切りになってしまった現実を考えると非常に心配です。確かに人気でアニメ化したいという会社の意図はわかるのですが…どうかゆっくりやって完結させてください。一ファンからの願い

  • 徒然ボウズ

    ウキウキの第6巻。「お前は…つまらん」「すっかり冷めてしまったよ…」この巻で死亡フラグが立っているライガット。4巻でもこの巻でも親父がらみでジルグに狙われるようなところばっか見せているし。何より、代わりがいる。その名はレガッツ!!新しいヒーロー!!……になるかどうかは不明。こいつもアンダーゴーレム乗れるのか??非戦派に勢いがあると思われていたオーランドが動くことになる。宗教大国。教帝。そして、ホズルの妹。ここらの要素がどう動くのか、期待したいところ。ライガット絶体絶命のピンチ!部下として誇らしい中々の物を携えているというナルヴィ隊長は期待に応えるのか!?

すべての3レビューを表示

  • 月子

    ジルグの小さいとき可愛い。 続きを読む

  • kanon

    ジルグ…やっぱり何となく憎めないところがあると思っていたのだが、今巻でそれが確信に変わった。そりゃあ、人間なのだから、生まれたときから既に悪なわけが無いのだ。育っていく過程、周りの環境だとか起こった出来事だとか…そういうことに影響を受けて人間というものは作り上げられる。まあその結果が今のジルグなのだけれども、こういう過去話を見てしまうと全然見方が変わってきてしまうのは勿論だし…うん、え~、実はもうこの時点で10巻までは読んでしまっている(笑)ので先の展開知っちゃっているのですが…まあそこら辺はご愛嬌。 続きを読む

  • らゆ

    一騎討ちに燃えました! うわーっライガットどうなっちゃうの!? 逆転は可能なのか……むむむ。弟くんを含む村人たちが、無事逃げ切れるといいんだけれど。そしてシギュンとクレオ、色っぽすぎるんじゃあ……? ちょっとドギマギしてしまいました。 続きを読む

すべてのレビューを読む