発売日 2009年09月15日(火)

みんなのヒ・ミ・ツ 2

著者名:鯨 晴久(著者) 梅原えみか(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-5634-2
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
280
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・鯨 晴久

イラスト・梅原えみか

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • たこやき

    梢さんが、どんどん愉快なキャラクターになっている(笑) そんな梢さんの話、御手洗さんの話辺りは、良かったけど、ややぶつ切り感を感じたのが残念。そして、その最後である天使については、ちょっと無理矢理。複雑に絡んだ人間関係とか、面白いところは色々とあるので、その辺りが今後どう動くかは期待。 続きを読む

  • ご主人様見習い

    家が破産した元お嬢様だけどおとなしい娘でした。 主人公の学校にも転校予定なんで今回で登場が終わりという わけではなさそうで安心。 ただ、主人公には告白して一応振られたぽい感じなので 今後登場しても空気な感じになるかもしれないのが心配なところ。 てっとりばやく文芸部に入部すれば登場は確約だ。 あと、文芸部の部長が被害妄想系のMというのもポイントが高い。 主人公なら脅されても良いというしね。 とにかく当番キャラを登場させて告白、断りのループだけは勘弁。 ハーレムな勢いでお願いします 続きを読む

  • サイネリア

    物語は相変わらず面白いが、どうしても天使は受け付けなかった、見た目外国人なのに日本国籍の帰国子女でカタコトの日本語で大人の女性という俺のストライクゾーンから大きく外れる好まないタイプだからというのもあるが、この天使の存在が面白くなくしてくれた感じがする、展開も雑になってたし。キャラの設定はテンプレートから中々個性のあるものまでいて、ラブコメとしては好感触。次作に期待したい。 続きを読む

すべてのレビューを読む