発売日 2010年02月15日(月)

みんなのヒ・ミ・ツ 3

著者名:鯨 晴久(著者) 梅原えみか(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-5800-1
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
264
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・鯨 晴久

イラスト・梅原えみか

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 結構面白いですね。

    5.0
    kumo

    つまらない事はないかと思います。主人公に思いを寄せている女性達が可愛く内容もなかなか。一度読んでみてください。

  • 挿絵が矛盾

    1.0
    77c5b

     いくつかの挿絵の描写が原稿と噛みあっていません。ストーリー自体は作者的にはそこそこなのにがっかりさせられる出来です。例をあげるなら原稿ではバスタオル姿のはずなのに、挿絵では服を着ていたりします。挙句、あとがきで作者が締切寸前に脱稿したために、まだ挿絵を見ていないなどと書いてあり、余計に腹が立ちました。

  • 意外すぎるキャラが恋愛戦争に参戦、イラストはちょっと頂けない

    3.0
    ヤボ夫

    誰にも言えない女の子の秘密を悪魔の力で望んでもいないのに知ってしまう主人公・和人を巡る恋の物語第三弾いやはや、一巻からメインヒロイン=ほのか、ライバルキャラ=沙紀だった筈なのにもはや沙紀が完全にメインヒロイン化しています。沙紀の健気さは誠実な性格の和人が悪人に見えてしまうぐらいです。それもこれも和人が想いを寄せる幼馴染のほのかがあまりにも自己評価を低く見積もり「和人に見合うのは沙紀」と強固に思い込んでる所為なんですね結局、今回はそのすれ違う想いが三人を傷付けてしまう事になるのですが…まさかのキャラが和人への想いを隠せなくなってきたのは驚かされました。確かにずっと和人の傍にいたのだから惹かれても仕方ないのですが、まさかの展開です。そして彼女の複雑な想いが終盤でこれまで他人の秘密を握る立場だった和人を秘密を握られてしまう立場へと追い込んでしまいます他のレビュアーの方も触れておられますが、今回は話は面白いのに挿絵が足を引っ張ってしまっているのは否めません確かに文章が出来上がらないとイラストも描きようが無いのは事実ですし、締め切りに間に合わそうとすれば本文が押せばイラストに掛ける時間が減るのはやむを得ないでしょう。しかし今回は挿絵を見る度に「あれ?」と違和感を覚えますライトノベルという表現形式でこれはあまりに拙かったと言わざるを得ません物語は完全に和人とほのか、沙紀の三人に絞られたと思ったのですが、最後の最後で「お邪魔虫」キャラとばかり思わされてきた鈴木が前面に出てきたのはビックリ。元はと言えばコイツがしつこく沙紀に付きまとったのが三角関係の発端にある事をすっかり忘れていた事に気付かされました。これまでバタバタしながらも全体から見れば安定していた和人の周りの人間関係が一気に風雲急を告げる事で、次が気になるまま幕を閉じた第三巻でした

すべての3つのレビューを表示

  • ご主人様見習い

    3角関係の流れなのか、なんかドロドロの恋愛話の雰囲気になってきた。 ライトな軽いハーレム話って感じじゃない。 女の子の登場人物は多いけど、主人公がモテまくりという印象は薄いな。 素直に好意をぶつけてくる女の子もいるけど、主人公は別の子が好きだったりと複雑。 主人公がモテて困るみたいな能天気なキャラなら楽しく読めるけど、これはなんか悩んでいる。 もっと明るい感じで進んで欲しい。 最後は、ひとりを選んで終わりだけは勘弁。 大穴で悪魔の女の子も恋愛に発展してほしい。 続きを読む

  • サイネリア

    三角関係というかハーレムチックなノリにも関わらず、本命がいるため結構シビアな感じ。健気さを感じつつも実は主人公は本命がという状況で、本命のほのかの評価が落ちて、後の子の評価があがるパターン。でもほのかはほのかで愚鈍主人公を逆にして視点変えた感じで新鮮といえば新鮮か、最近はふとしたきっかけですぐ好きになるヒロインが多いからね、とはいえ実はというところが主人公とお似合いでした。そして鈴木はあかんぞ無神経で空気の読めないあのタイプのキャラは嫌いだが、本気で嫌悪を抱く、敵キャラとしては相応しい。次作に期待。 続きを読む

  • デート・ア・ライブ

    こんばんわ 本日からの参加です 半年以内に読んだ本まとめて追加中。 続きを読む

すべてのレビューを読む