発売日 2009年09月30日(水)

愛、充ちゆく海辺で
海が紡ぐ絆シリーズ(1)

著者名:英 洋子(漫画) ノーラ・ロバーツ(原作)(作) フリックス(監修)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-5642-7
サイズ:
3FDBDC27-F15A-41EB-BD35-2BED8DD38792
ページ数:
136
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

漫画・英 洋子

作・ノーラ・ロバーツ(原作)

監修・フリックス

Twitter

  • シーサイドトリロジー第一部!

    4.0
    デニス

    ノーラ・ロバーツのシーサイドトリロジー4部作の第一部です。コミックを読んでから原作も購入したのですが、ノーラお得意の家族愛にあふれた作品です。海辺の町チェサピークベイで育てられた血のつながりのないクイン3兄弟が4人目を頼むと愛する義父に頼まれて、それぞれのパートナーと愛をはぐくみつつ、4人目の兄弟10歳のセスとの絆も深めていくというストーリー。セスの本当の父親は自分たちの義父なのか?という謎解きもあり、海辺の町の描写は美しいし、心なごむ・セスの犬フーリッシュの話などもりだくさん。作画の英洋子先生はハーレクインなどでもおなじみの方ですが、とても丁寧に原作を描いていますが、いかんせんページ数が足りない!第一部の主人公キャメロンはレーサーという設定なのですが、お相手のヒロイン、アンナが素敵です。しかし、ソーシャルワーカーなのに担当の子供の後見人と恋愛していいのか?と思うのは日本人だから?兄弟の心温まるふれあい?(じゃれあい)、虐待されていたセスの心がすこしずつクイン兄弟たちに開かれていくところなど、ぜひ、原作も読んでほしいです。あと、原作はコミックには出てこない、あの方の幽霊もでてきます。お楽しみに。

  • 5.0
    miho

    このシリーズで一番良く出来ています。特にヒロインが前向きで過去を乗り越えて活躍している姿は共感します。

  • 満足です。

    5.0
    蜜入林檎

    好きな作家さんの作品でまとめて読めてよかったです。状態も良く大変満足です。

すべての3レビューを表示

  • ミカコ

    ヒーロー(三兄弟の長男)→元レーサー ヒロイン→ソーシャルワーカー 続きを読む

すべてのレビューを読む