発売日 2010年07月30日(金)

ゲームシナリオのためのファンタジー事典
知っておきたい歴史・文化・お約束110

著者名:山北篤(著者)

¥1,890(税別)

ISBN:
978-4-7973-5984-8
サイズ:
A5/2色
ページ数:
272
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・山北篤

Twitter

Unable to load Tweets

  • ひろぞう

    ファンタジーはフィクションやんけって思ってたけど、実際は中世ヨーロッパを始めローマ帝国時代、近世ヨーロッパやアジアも勿論のこと、様々な宗教や神話、時代背景の融合であって、そこに魔法とか何かしらのファンタジー要素を入れてるんやなと改めて実感。軽く世界史の授業を受けている気持ちになる。ちなみに、当時の居酒屋の使われ方も今とは大分違くて面白かった。(地域と時代によるだろうが)お偉いさんから農民までの集会所の意味合いだったり裁判を行ってたりもしたらしい。ただの情報収集場だけじゃなかったんだねw 続きを読む

  • 白義

    書き手のためのというより、体系的にまとまったファンタジー入門書とでも言うべき網羅っぷり。魔法、魔物、神々というお約束はもちろん、国家、地理、生活までファンタジー世界のリアリティーがたっぷり体感できる。国による人名の違いや、山の東西のイメージの違いなど細かいところまでよく目配りのきいた良書。ファンタジーに興味がなくても西洋史への興味を増す副読本としても活用できる、ハイレベルな一冊 続きを読む

  • スガワラヒロ

    政治体制や身分階級、宗教、食糧事情、商業、道路網、建築、物流などなど、ヨーロッパ風の世界を構築する上で気になってくるであろう諸々の要素がひととおり紹介されているので、ゲームシナリオはもちろん創作ファンタジー全般に役立つ。モンスターや武器はファンタジーの華ではあるけど、物語にリアリティを与えるためには背景となる舞台設定のほうがはるかに大切。幅広い知識や視点が必要になるので、このような網羅的な資料を一冊持っておくだけで書きやすさがだいぶ変わってくる。 続きを読む

すべてのレビューを読む