発売日 2012年05月19日(土)

東京634 東京スカイツリー(R)写真集

著者名:小野寺 宏友(著者)

¥1,429(税別)

ISBN:
978-4-7973-6952-6
サイズ:
B5/フルカラー
ページ数:
112
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・小野寺 宏友

Twitter

Unable to load Tweets

  • 新しいけれど懐かしいワクワク感

    5.0
    ろざんな

    スカイツリー関係の書籍も、手に入れるなら今が旬だろうと思い、あれこれ手を伸ばしましたが、これは写真集ということでよけいな説明はなく写真だけで時間の流れが期待とともに伝わってきます。昔、学研や学年誌などでイベントの紹介をワクワクしながら見た、あの気持ちが蘇ってきました。徐々に伸びていくスカイツリーは、その日にしか見られない姿で時刻や季節を含みながら、上に上に伸びていくのが、写真によって積み重なっていきます。だれでもいつでも写真が撮れる時代に、このように一枚一枚をしっかりと何年も撮り続けたカメラマンの姿がページをめくるごとに次第に感動をくれる。そんな写真集でした。1500円の写真集ということで、写真の点数など期待していなかったのですが、膨大な数のスカイツリーが、季節、時間、場所、さまざまにすがたを変えて作品として収められています。見終わってなにか懐かしく感じるのは、あとがきによるとこのカメラマン氏が絵本「ちいさいおうち」バートン著 のファンであったということで「時間を閉じ込めた写真集」として、ナットク!スカイツリーにも、あの「ちいさいおうち」のように、これから長い長い時間が流れていくのだなぁと・・・カメラマンの想いを感じたので、祝ツリー公開で☆5つ。

  • 5.0
    morimori

    主役はスカイツリーです。しかし、東京の空の美しさがすばらしいのです。誤解されていますが、東京の空は捨てたものではないのです。建設途中の様子を一カ所から撮り続けた写真では、スカイツリーが青い空めざしてスクスク伸びていて、その姿には、なんだか健康な生命力を感じます。鉄の塔なのに。写真家はとっても愛情を持って撮ったのではないでしょうか、無機質を撮りながら、無機質な写真集ではありません。オススメします。

  • 記録としてはいいかもしれないが・・

    3.0
    図書館司書のプロ

    写真的には特に感動なしでした。人間が写ってないからかもしれません。キレイな写真はカメラの性能があれば撮れます。撮れない何かを撮って欲しかった。一枚でもいいから、これは!という写真が欲しかった。期待したからかもしれませんが、買うことはないですね。図書館で借りました。

すべての5レビューを表示

  • リハビリ中の雨巫女。

    《書店》周りの景色と東京スカイツリーが素敵。 続きを読む

  • ピヨコ

    キレイ 続きを読む

すべてのレビューを読む