発売日 2016年01月30日(土)

ゲームシナリオのための戦国事典
知っておきたい歴史・怪異・お約束110

著者名:森瀬 繚(著者)

¥1,980(税別)

ISBN:
978-4-7973-6975-5
サイズ:
A5/2色
ページ数:
272
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・森瀬 繚

森瀬繚(もりせ りょう)
ライター・翻訳者。書籍や雑誌記事の企画・編集・執筆、小説・ゲームなどの物語や設定・考証など幅広く手がける。少年期から『平家物語』『太平記』などの軍記物語や、曲亭馬琴の『南総里見八犬傳』『椿説弓張月』に代表される江戸時代の娯楽文藝作品を愛読し、本書でもエンタメ重視の歴史解説書を目標とした。近年の代表作は『ゲームシナリオのためのクトゥルー神話事典』『いちばん詳しい「天使」がわかる事典』『いちばん詳しい「堕天使」がわかる事典』(執筆)、エンターブレイン『クトゥルーの子供たち』(企画、翻訳)、アスキー・メディアワークス『ガンスリンガー ストラトス:ギガントマキア』(漫画原作)、エクサム『ニトロプラス ブラスターズ』(ゲームシナリオ)など。最近は、『がっこうぐらし!』などアニメの脚本にも携わる。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • AQL

    当時の農村は武装していたから『七人の侍』みたいなことはふつう起こらない、吉田神道はいわば宗教界の下克上、槍は主に雑兵の武器だから名品が少ない、などなど戦国時代まわりのあれこれをひろくあつかう一書。さすが森瀬繚とあって一次資料/史料の参照を徹底しており情報の確度は折り紙つき。次はぜひこのクォリティでフィクション方面に注力した姉妹編『ゲームシナリオのための伝説・伝奇事典』をお願いします。 続きを読む

  • ツァラトゥストラ

    ゲームシナリオのための○○シリーズの中のひとつ。武将から怪異まで幅広く取り扱っている。ファンタジー物語事典では毎回のようにシナリオに落とし込む時のちょっとしたアドバイスが書かれていたがこちらにはほとんどない。だが、そのかわりそれぞれの項目に対し様々な文献を用いて事細かに紹介されている 続きを読む

すべてのレビューを読む