発売日 2012年02月25日(土)

ゲームシナリオのためのミステリ事典
知っておきたいトリック・セオリー・お約束110

著者名:ミステリ事典編集委員会(著者) 森瀬 繚(監修)

¥1,890(税別)

ISBN:
978-4-7973-6456-9
サイズ:
A5/2色
ページ数:
256
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・ミステリ事典編集委員会

監修・森瀬 繚

Twitter

Unable to load Tweets

  • 充分、用をなしてくれました

    4.0
    村雨源太郎

    全体的に表層的で、ミステリファンには浅過ぎる内容ですからたぶん批判的意見も多出するでしょうでも、ミステリを読んでいても、意外な名作を読み忘れてたりで何を知り忘れてるかとか、再確認するのにはちょうどいい本でした購入者もそういうピンポイントな目的での購入になると思いますだから充分、役にたってますこのシリーズ全般にいえますがそもそも、内容が浅いと言って、目くじら立てる本ではないです

  • 3.0
    小宮 綾

    娘のプレゼントに!と!購入しました。とても迅速で!当日に渡せて喜んだので良かったのですが!よくよく見ると!本体価格と!購入価格に倍以上の値段がついて、購入した事に気付き、よく見なかった自分も悪いのですが、何故この価格なのか?と...なので星3つで。

  • ミステリの知識がざっくりわかる

    5.0
    でっくだいん

    「短期間のうちにミステリーの知識が必要だとか、何かの論文や評論を書く上で、参考文献の選別がしたいとか、そういった特殊な場合の人向けの本でしょう」と書かれている方の主張通りかと思います。ミステリの知識ゼロの私はミステリのトリック・ネタバレなどをざっくり手軽に知りたかったので購入。読み進めると「このトリックは○○という作品で使われました」といったネタバレがポンポン出てきて“私にとっては”大満足でした。とはいえ、ネタバレは最小限に抑えられむやみやたらにネタバレを連発しているわけではなかったです。ゲームシナリオを書く目的に限らず、ミステリなどの知識の上辺だけを軽く知りたいならば購入を推奨します。逆に、しっかりとミステリの奥深くまで知りたい場合やネタバレを見たくない場合、あまり購入はオススメできません。つまり、私のようなごく一部の人しか満足できない本かも……

すべての6レビューを表示

  • ふう

    「ゲームシナリオのための」ってとこはよくわからなかったけど、普通にミステリー…と言うか犯罪についての事典、辞典的な意味合いで楽しく読めた。「ジョジョ」から「蛇にピアス」、飛行機持ち込み可の手荷物サイズまで言及されてて、ゲームシナリオのためにはここまで必要かとちょっとびっくり。それにしてもやっぱりどこが「ゲームシナリオのための」なのかがさっぱりわからん。"そのため"に読んだ人にちゃんと参考になったのか聞きたい。 続きを読む

  • hanchyan

    興味ある分野の研究書とか事典はわりと好きで、左開き・横書きなのがちとツライがこれもけっこう面白かった。「ゲームシナリオのための」というわりには実作へのサジェッションはほとんど見当たらないのがかえって良かったのかも。眺めてるだけでも楽しい項目が全て見開き2ページ内で解説される潔さ(笑)。受験のためのサブテキストが意外と面白く読めちゃった、そんな感じでした。 続きを読む

  • kubottar

    あまりミステリーや推理小説が好きでもないが、気まぐれで読むも、やはり、犯人探しなんて一度もしたことがないので、イマイチ乗れなかった。ミステリのお約束という縛りがそんなに好きじゃない。 続きを読む

すべてのレビューを読む