発売日 2012年05月15日(火)

彼女の恋が放してくれない!俺たちは手錠で繋がっているだけの健全な友達です。

著者名:海空りく(著者) 有河サトル(イラスト)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-7973-6994-6
サイズ:
文庫
ページ数:
304
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・海空りく

イラスト・有河サトル

Twitter

Unable to load Tweets

  • 内容を見ずにレジに突っ込んだ自分のようになるな。

    2.0
    ピリオド

    赤の他人だった2人が離れられなくなり、恋を成就させる課程で意識し合っていくという他のレビュアーも書いているようにすげえベタな展開。冒頭の昔の記憶や武装メイド、生徒会長の調べ物など後で関係してくるであろう伏線が分かり易すぎて伏線の意味をなしていない。さらにヒロインが引っ込み思案な性格でありながら、マシンガントークのボケ&ツッコミにしっかり対応しているのも違和感を覚えた。過去のトラウマから、他人に迷惑をかけることに抵抗があるのは解るが、それだけで一緒の食事に風呂、添い寝イベントに羞恥心を覚えないのは流石に無理がある。重い過去を背負っているなら背負っているで、数頁だけではなく各所に記憶がフラッシュバックするとか色々方法はあった筈。また主人公も、目つきが悪いだけでクラスでぼっちになっているのもどうかと。学校でそこそこ力のある3人が友達なら大なり小なりフォロー出来ると思うんだが。その目つきの悪さも、表紙を見た限りではそれほど悪人面はしていないし。いくらヒロインを呪縛から解き放つためとはいえ、自らの過去を町中、ヒロインの前でぶちまけるのも非常識かなと。一応自分は紳士だと自覚してるみたいだし。あとは個人的に、主人公が最初からモテモテなのはどうかと。幼なじみはともかく委員長まで、なんで好意を持っているか全く書かれていないのもマイナス。幼なじみは途中からヒロインを可愛がる百合属性も兼ねてくるし。ベタな設定、ベタな展開、ベタなキャラに主役2人がベタベタベタベタ・・・ もう話の基本設定からベッタベタ、じゃなくてグッダグダ。文句なしの☆1確定・・・と言いたいところだが、作者は続編を考えているようで、今後の展開次第で化ける可能性も無くはなくなくないので評価は2。ちなみに作者は「手錠で離れられなくなる話はこち亀で最初に見た」とか書いてるが、回想としてならばコナンでもやっているし、「身体が触れあっていなければ消滅」「考えたことが相手に感情伝導」「接着剤と二人三脚」「裸で10日密着」など、これよりも遥かに際どいラブコメは本・漫画を問わず大量にあるので、この程度のシチュでゼロ距離ラブコメを語らないでほしい。

  • 万寝ハイム

    断罪のイクシードの作者の新作ということで購入。前作とは大きく異なるベタなラブコメを四苦八苦しながら書いているのだと思うが、この人は異能バトル系の方が合っていると感じた。よくある手錠てつながるネタをメインに据えようというコンセプトは面白かったが、その他の要素がありきたりに終始してしまった感じ。この路線で行くならもう少し捻りが欲しい。また「彼女の恋が放してくれない」というタイトルで、その「彼女」が主人公とは別の男に「恋」しているというのはタイトル詐欺だと思う。昔いじめから主人公に救われたというベタ設定を使うなら、その後も一途に想ってたとかの方が良かった。

すべての3レビューを表示

  • 1_k

    「手錠」というインパクトある要素でヒキを用意し、後の展開は卒なくお約束を敷衍する。簡単そうに見えて、きちんと小奇麗にまとめるのはなかなか難しいものです。手堅いが、面白みに欠ける、狙ってとった60点。それでいて、ちゃんとキャラや設定は借り物ではない作者オリジナルにできている。悪くない。下手にひねったりすると失敗の元。それを我慢できるのは重要なことですよ。 続きを読む

  • SSS

    正直、イジメ云々やラストのクソ野郎共など、テンション下がる所があったけど、逆に言えばキャラの暗い過去の掘り下げや、ヒロインの問題などのテンション下がるエピソードを1巻でパパッと終わらせてくれたので、逆に続巻が楽しみです。 キャラ(特に此花)も会話劇もドストライクでしたし。 此花のガードが緩い所とか!(主人公を信頼してるから)幼馴染が幼い頃キス魔だったとか!(今も片鱗あり)委員長のクールのような天然なような剣豪デレな所とか!(定規で机を割る) 続きを読む

  • 硝翅

    厨二じゃなくなって残念……という人もいますが、小粋なセリフの方がポイント高かった自分には俺得でしたっ! ストーリーはすべて予想通りだけど、ポンポン飛び出す掛け合いが取り返してた。あと、この絵師選んだ編集はよい仕事した。黒髪ロング同人誌描くくらいだから、つぼみの絵がデストロイヤー級でしたよ!?(簡易評価:VS1) 続きを読む

すべてのレビューを読む