発売日 2013年08月01日(木)

大張正己 画集 ロボ魂-ROBOT SOUL-

著者名:大張 正己(著者)

¥2,600(税別)

ISBN:
978-4-7973-7003-4
サイズ:
A4/フルカラー
ページ数:
144
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・大張 正己

大張 正己(おおばり まさみ)
広島県立の工業高等学校を卒業後、葦プロダクションに入社。『特装機兵ドルバック』の動画や『トランスフォーマー』の原画を経て、『超獣機神ダンクーガ』のメカニックデザインを担当する(当時、若干19歳)。葦プロダクションを退社後は数々の作品のオープニングアニメーションに起用されて手腕を発揮し、高い評価を得る。頭部や腕部、ふくらはぎが人間のように見えるデザイン、ポージングなどの特徴的なイラスト作品は「バリメカ」と称されている。なお、作画業だけにとどまらず、監督・演出業、ゲーム作品へのデザイン提供など、マルチに活躍する。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 参謀

    大張正巳のロボット画集。大張ロボットと言えば顔が人間のようなデザインが特徴ですよね。それに動きがロボットでありながら、人間っぽい。勇者シリーズ(よく見てました)やスパロボシリーズは有名ですね。ガンダムなどは大張氏の絵は向いていませんが、これらのシリーズのデザインやポーズは大張氏ならではと思います。今は3Dなどで描かれることも多いので、こういったロボの描写は減っているんでしょうね。セル画ならではのデザインだと思います。 続きを読む

  • 明石屋真奈

    躍動感や快活さといった「本来機械を称するものではない」魅力に溢れるのはもちろん「メカは動いてナンボ」という信念すら崩しかねない、本書(静止画)に描かれたロボ達(…いえ氏のOPを見ると、直ぐに改まる信念でもあるのですが)。彼らを見ていると氏はもちろん、後進の躍進を只管願わないわけにはいきませんわ! 続きを読む

  • ビーフハート

    バリロボ好きにはたまらん一冊でしたねやっぱり。最後の方のインタビューを読んだ上でまた最初から観ると、その進化の具合が感じられてさらに楽しめた。 続きを読む

すべてのレビューを読む