発売日 2013年03月16日(土)

自閉症スペクトラム
10人に1人が抱える「生きづらさ」の正体

著者名:本田秀夫(著者)

¥730(税別)

ISBN:
978-4-7973-7267-0
サイズ:
新書/1色
ページ数:
248
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・本田秀夫

本田秀夫(ほんだ ひでお)
山梨県立こころの発達総合支援センター所長。特定非営利活動法人ネスト・ジャパン代表理事。精神科医師。医学博士。1988年、東京大学医学部医学科を卒業。東京大学附属病院、国立精神・神経センター武蔵病院を経て、横浜市総合リハビリテーションセンターで20年にわたり発達障害の臨床と研究に従事。発達障害に関する学術論文多数。英国で発行されている自閉症の学術専門誌「Autism」の編集委員。2011年に開設された山梨県立こころの発達総合支援センターの初代所長に就任。その他、横浜市および杉並区の教育委員会で特別支援教育関連の業務にも従事。山梨大学非常勤講師、信州大学非常勤講師、日本児童青年精神医学会代議員。主な著書に『中学からはじめるアスペルガー症候群のキャリア教育』(共著、金子書房)など。

Twitter

  • 「生きづらさの正体」は分かる。解決は自分次第

    5.0
    まきちゃん

    今まで読んだ本と違うのは、あくまで当事者の立場に立って書かれた本であり、当事者の気持ちに寄り添って書かれた本であるということ。当事者に対する理解と愛を感じます。とても勇気付けられる本です。

  • 5.0
    cosmojackal

    先日、5歳の息子が自閉症スぺクトラムと診断されました。この先どうすれば良いのか情報が欲しく購入しました。内容が分かりやすく具体的なので不安が少し軽くなりました。読んで良かったです(*^^*)

  • 自閉症スぺクトラム児の母です。

    5.0
    フクアル

すべての95レビューを表示

  • さおり

    自閉症スペクトラムについて書かれた本は山ほどあるけど、私が読んだ本の中ではこの本、かなり上位やと思います。何がって、まずわかりやすい。そして説得力がある。本田さんは本当に頭のいい方なんだろうなぁと思うのと共に、長く第一線で臨床に携わってきた人って、やっぱすごいわと思う。引用するには、引用したい箇所が多すぎて難しいので、読んでもらえたらいいなと思います、興味のある人には(本当は、興味のない方にも読んでほしいくらいだけど)。 続きを読む

  • らむり

    いいこと書いてあるなぁ。高校までに読んでればな。。 続きを読む

  • ホークス

    臨機応変な対人関係が苦手な(空気が読めない)自閉症スペクトラム障害。先天的な障害だが一見普通なため、日本では特に誤解され易い。国家から家庭まで、連帯の拠り所を空気に依存する国。空気は宗教以上に客観視しにくいため、依存の自覚が薄く、空気を共有出来ない者は怠惰・異質とされる。戒律の厳しい宗教国家さながらである。この災厄は人口の一割を占める「非障害者の自閉症スペクトラム」の人にも及び、繊細な「おもてなしの国」のダークサイドと言える。自己の文化を客観視するのは難しいが、日本こそ努力が必要だし、効果も大きいと思う 続きを読む

すべてのレビューを読む