発売日 2013年06月18日(火)

運は「バカ」にこそ味方する

著者名:桜井章一(著者)

¥648(税別)

ISBN:
978-4-7973-7412-4
サイズ:
文庫
ページ数:
200
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・桜井章一

桜井章一(さくらい しょういち)
1943年東京都生まれ。大学時代に麻雀に触れ、のめり込む。昭和30年代後半、裏プロの世界で勝負師として瞬く間に頭角を現す。以来、20年間「代打ち」として超絶的な強さを誇り、「雀鬼」の異名をとる。その間、負けなしの無敗伝説をつくった。現役引退後、著者をモデルにした小説、劇画、映画などでその名を広く知られるようになる。現在、麻雀を通して人間力を鍛えることを目的とする「雀鬼会」を主宰し、全国から集まった若者を指導している。著作にベストセラーとなった『人を見抜く技術』『負けない技術』(講談社)、『努力しない生き方』(集英社)、『逆境を生き抜く知恵』『心温かきは万能なり』(竹書房)などがある。
雀鬼会オフィシャルHP:http://www.jankiryu.com/

  • バカになれ

    4.0
    Amazon Customer

    雀鬼のメッセージあふれる。思考の重石から如何に解放されるか。運をつかむにはバカになることだ!

  • 5.0
    e

    連勝してトップに登って自他ともに認められる実績を打ち立てた人が、その頂点から世界を見渡したらこんな風に見える、というトップの人に見える世界の見え方の本だと思いました。この世の雑多な人ごみにまみれ競争業界で苦しんで生きる数万の人々全員に、勝ち抜いて万人に一人だけが到達できる勝負師才能を育て勝負事に強くなる才能の磨き方を教える方法論ではないな、とは思いました。自分の経験上は、頂点に立つことができたのは自分が努力で得られた事ではなく、追いつめられても自由に笑っていられるのは生まれつき自然の中で身についた性格で、真面目な努力の習慣付けは親のしつけで、陰に日向に周囲からの応援と育み指導は偶然に入った職場環境の人々の偶然で、いくつもの偶然な幸運の積み重ねに恵まれたから達成できたことだった、から。

  • 桜井会長、佐渡に遊びにきませんか?

    5.0
    坂野芳明

    会ってみたいな、桜井会長に。感じる力、生活のなかに生かしています。バカができる人に魅力を感じるのはいつも自分が飾った人間だからバカになるのは難しいです。

すべての6レビューを表示

  • k

    「気持ちのいい人生を送るには、過去も未来も関係ない。肝心なのはいま、この瞬間をどう生きるかである」いつもの桜井節だけど、余計なこと考えずに読んでみる。 続きを読む

  • 芸術家くーまん843

    伝説の20年無敗麻雀鬼桜井章一の一冊。麻雀を通して人間力を鍛える雀鬼会主催。考えるのではなく感じろ!現代社会は考えることを求める社会。感情的な人はもちろん×だが考えすぎるのもよくない。子どものころは持っていた自分らしさを失ってしまう。桜井さんは言葉の暴力に否定的でサラリーマン社会にありがちな上司による罵倒やイジメをイメージしているのでは?弱いものにこそ強く生きてほしい、いばりちらす感情的な人間は単に人を貶めて自分を上げたいだけ、そんなヤツに負けるな!そんなヤツと同じにならないように注意しようという一冊。 続きを読む

  • Nunokawa Takaki

    ひたすら「考えるな、感じろ」ということが書かれていてスカッとした。「感じながら生きる」ことはこの現代社会においては非常に難しいだろうが、それができたら確かに心の悩みやストレスはずっと軽減されるだろう。だが普通の人がこれを実践するとなると誰もが尻込みするところではないか。仮に束の間のあいだ「感じる」ができてもすぐに「考える」が介入してきてしまうだろう。ただ少なくとも自分はこれを心がけよう、そっちの方が絶対良い。どうでも良いが、自分は「感じろ」と主張するこの本を読みながら「考える」ところが沢山あった。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

発売日2012年09月19日(水)

発売日2012年03月17日(土)

同じジャンルの商品

発売日2016年02月23日(火)

発売日2016年02月23日(火)

発売日2016年01月21日(木)