発売日 2016年01月21日(木)

永遠の始まり Ⅱ

著者名:ケン・フォレット(著者) 戸田裕之(訳) 藤田新策(イラスト)

¥880(税別)

ISBN:
978-4-7973-7743-9
サイズ:
文庫
ページ数:
600
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・ケン・フォレット

訳・戸田裕之

イラスト・藤田新策

【著者】ケン・フォレット Ken Follett
1949年、ウェールズ生まれ。新聞記者、出版社勤務などを経て1978年にスパイ小説『針の眼』を発表、同書はアメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞を受賞した。1989年に発表した『大聖堂』は全世界で2000万部以上を売り上げ、18年後に刊行された続編『大聖堂―果てしなき世界』も大きな話題を呼んだ。壮大なスケールで激動の20世紀を描いた本書「百年三部作」は、フォレット畢生の大作として世界的ベストセラーとなった。

【訳者】戸田裕之(とだ・ひろゆき)
翻訳家。早稲田大学第一文学部卒。訳書に『大聖堂』『巨人たちの落日』ケン・フォレット(ともにSB文庫)、『裁きの鐘は』ジェフリー・アーチャー、『魂をなくした男』ブライアン・フリーマントル(ともに新潮文庫)。他多数。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • KAZOO

    ここにいる主人公たちよりも、その周りで起こる公民権運動や、キューバ問題、ケネディの暗殺などが印象に残ってしまいます。アメリカを中心とした世界情勢を垣間見ているような気がします。私は浦沢直樹氏の「billy bat」を思い出してしまいました。こうもりを狂言回しにしながら、同じように当時の世界情勢を描いてくれています。 続きを読む

  • starbro

    Ⅱ巻も一気読みです。Ⅱ巻はキューバ危機からケネディ大統領暗殺までを描いています。キューバ危機は当時の人々に大きな衝撃を与えたんでしょうね。生物学的には人類が危機的な状況にあると生殖能力が高まるようですが、本書でもその傾向が顕著で妊娠率が高いと思われます(笑)キング牧師の公民権運動から半世紀もたっているのに、未だに黒人差別があるなんてアメリカは大変残念な国です。さいたま図書館がシステム変更で閉鎖されているため、Ⅲ巻を読むまでに多少時間がかかるのが残念です。 続きを読む

  • のぶ

    2巻に入り、情勢はキューバとの一触即発の情勢に。大統領の巧みな戦術により危機は去り、アメリカはケネディとキング牧師の牽引する平和な時代が戻る。そんな情勢を描きながら、1巻に続き若者の生き生きした生活が描かれる。そして起きるケネディ暗殺事件。まだ半分を読んだところだが、とにかく読み物として抜群に面白い本だ。副大統領だったリンドン・ジョンソンが大統領に就任したところで2巻は終わり。3巻はベトナム戦争の時代になるのだろうか?引き続き先が楽しみ。 続きを読む

すべてのレビューを読む