発売日 2009年03月13日(金)

大聖堂-果てしなき世界(上)

著者名:ケン・フォレット(著者) 戸田裕之(訳)

¥950(税別)

ISBN:
978-4-7973-4623-7
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
672
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・ケン・フォレット

訳・戸田裕之

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 前回と比べると?

    3.0
    zelkova

    前作の”大聖堂”の150年後を描く、続編。三分冊で、かなりのボリュームですが、内容的には、前回より軽く、読みやすい。前作では、大聖堂をたてる、、というなにか、世俗を超えた、壮大な目標や、イメージがありました。今回は、、女性二人の主人公を中心とした、土地、権力、、などを巡る市井の生活を描くのがメインで、壮大さは感じられなかった。気になったのは、ペストを、マスクで防げる、、というような記載が有った事。ちょっとねえ。前作と比べるから、3になってしまうけど、これは、これで面白いです。

  • コメントを要しません

    5.0
    marineview

    現代の名作で、将来は古典的名著の一つになるでしょう。長編にもかかわらず息継ぐ暇なく読み手を没入させる筆致はさすがに素晴らしいです。

  • 最悪

    1.0
    mamushi

    大聖堂と大聖堂ー果てしなき世界は内容に雲泥の差がある。ここまでケンフォレットのファンでしたが、この内容にはがっかり、もしかしたら品の悪いポルノ小説だ。物語の常道としてのハラハラドキドキもとってつけたようで、まさに、「つくった物語」である。作者の失敗作なので、これまでのファンであった人は読まない方がよい。

すべての11つのレビューを表示

  • キムチ27

    とにかく、人の名前と関係が入ってこない。慣れた頃に上巻読了。「大聖堂」の流れ上にあるとはいえ、独立した面白さを見せているとも言える。前作にあった人の対立図式が似通っており、ヒール役ゴドウィン・ラルフ、グウェンダ・カリスらが見せる中世の愛、欲望、金欲、権力欲など等ごった煮風。大聖堂を作りあげる!だったテーマが今回は・・まだ、見えてこない。出来上がったキングスブリッジに群れる修道僧の生臭さが見え見え、そして新たに登場した女子修道院がどんな展開を見せるか楽しみ。目を反らさせないのはグウェンダ。逞しく美しい☆ 続きを読む

  • kinnov

    熱狂をもって称賛された傑作の続編には、越えなければならない大きな壁がある。大聖堂建立を舞台として、中世英国に暮らす人々の聖邪、欲望と希望、暴力と愛を描ききった前作をどう越えるのか。続編の宿命を越えるために選ばれたのは150年後のキングズブリッジだった。壮健な建物を作り上げると言う分かりやすい目的がなくなったため、新しい骨格の見えてこない序盤こそ戸惑うが、修道院が理想から遠い世俗の塊になりそれに抗う人々の姿が生き生きと描かれ呼吸を感じられるようになる中盤以降は、新たな興奮に頁を捲る手が止められなくなった。 続きを読む

  • KAZOO

    前作の大聖堂に続いての三分冊の大作が続きます。この後も「巨人たちの落日」という三分冊の大作を読む予定で購入しているのですが、いつからケン・フォレットはこのような大作作家になったのですかね。まあ面白いことは結構面白いのですが、歴史のバックグラウンドを知っているとよけい面白いと思います。また少し余談のような感じのところもありますが、最後まで読み続けましょう。 続きを読む

すべてのレビューを読む