発売日 2014年03月25日(火)

のうりん-野生-(1)

著者名:町田とし子(著者)

¥620(税別)

ISBN:
978-4-7973-7658-6
サイズ:
B6/1色
ページ数:
160
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・町田とし子

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • やりたい放題ですね。

    4.0
    🌁リュウシー

    原作も結構やりたい放題だったのだけれども、このコミックスは原作を越えるカオスをみせてくれました。パロディーとエロ部分は特に増してます。自分にはハマるところ満載だったけれど、人による好き嫌いがあると思います。

  • ここまでやられるとスッキリ(笑)

    5.0
    嶋ちゅー

    当然のことですが、本編の流れとは離れています。おなじみの田茂農グループ(耕作・農・林檎・継・胡蝶)に、オリジナルキャラが絡んで販売対決という流れで物語が進行します。四天王もちょい役ですが重要な場面で登場します。ベッキーは本編よりずっと強烈で攻撃的になっているのは御愛嬌でしょう。(ただし林檎ちゃんの扱いは小さいです)まぁ、どう考えたらこれだけバカができるのか、別の意味で感心しますが、最後はほんわかと終わります。また、有名どころのアニメのパロディがふんだんに出てきますから、知っていると「おぉぉっ!」となりますが、知らないと読み過ごしてしまうかもしれません。いい意味でリスペクトされています。作画的には荒く感じる人がいるかもしれませんが、自分的にはこういったお馬鹿なコミックにはピッタリだと思ったので☆5とさせて頂きました。同時期に発売された「のうりんプチ」より、こちらの方が好きです。でも、好き嫌いがはっきり出る作品だと思いますので、(購入をお考えなら)できれば試し読みされた方が良いかと…。①となっていますが内容的には、この1巻を通じてストーリーが展開し、めでたく完結します。2巻が出ると思うのですが、どういった内容になるのか、どんなパロディが出てくるのか非常に楽しみです。

すべての2つのレビューを表示

  • だいすけ

    なんなんだこれはw原作を上回るレベルのバーリトゥード状態で、読了するのにかなりの体力を消耗した。次巻はその辺を考慮して、心して読もうと思う。 続きを読む

  • nawade

    うん、これは無かったことにしたい歴史だな。 続きを読む

  • ルヴナン

    コミカライズじゃねえ、スピンオフコミカライズだ。横のものを縦にしたようなマンガ化ではなく、原作の良さも悪さも綺麗に翻案されマンガに落とし込まれている。原作者と漫画家の相性が良かった、なんというマリアージュか。 続きを読む

すべてのレビューを読む