発売日 2014年07月19日(土)

「無」の科学

著者名:ジェレミー・ウェッブ(編集) 水谷 淳(訳)

¥1,600(税別)

ISBN:
978-4-7973-7701-9
サイズ:
四六/1色
ページ数:
288
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

編集・ジェレミー・ウェッブ

訳・水谷 淳

Twitter

ちなみに、蛍の点滅 植物 心臓のペースメーカー細胞 原子 量子等の無生物から、宇宙に至るまで、

至るところに現れるランダムから自律的に創発されるシンクロ現象に通底するのは、

非 線形科学であり、最先端の理数科学です。

さらにそれらの式は、ほとんど 時間 で記述されます。

これも何かに…

運動が最強です。代謝促進、ストレス解放、筋肉増強、体力向上マジでいいことしかありません。脳科学的にみても運動は最強のツールです。筋トレのような無酸素運動でもいいですし、ランニングや散歩などの有酸素運動もいいです。大切なのはまずは運動習慣を取り入れること。

錬金術は理解を分解・再構築する科学なり、されど、万能の技にはあらず、無から有を有をあとわず、何かを得ようと欲すれば、必ず同等の対価を支払うものなり、此れすなわち、錬金術の基本、等価交換なり、錬金術師に禁忌あり、人生錬成なり、此れ、なんぴとも犯す事無かれ

<カリスト皇国>大陸北部に位置しており、全大陸中文明及び科学・軍事力が豊かな先進地域。コンクラムという貝型、ソルという都市が交戦状態であったが現在は霧が理由で無期限停戦となっている。霧発生の原因がある大陸と推定されており、全大陸中で霧の被害が顕著である地でもある。

Load More...
  • 物理学に知見がないと読むのが厳しい

    3.0
    ウニタコイクラ侍

    内容はいろいろな「無」に関して。数字の0であったり、真空であったり、などなど。雑学ネタになりそうな一方で、かなり平易に翻訳されてはいるものの、物理学の初歩レベルくらいの知見がなければ、書いてある内容はなかなか理解が難しいと思う。私はそういった知見がないため、ふつうに読み終えることすらかなりの時間がかかってしまった。

  • 4.0
    場野量子

    「「無」の科学」などというタイトルから想像される科学哲学のような内容の本ではない.科学雑誌「ニュー・サイエンティスト」に掲載された25編の科学エッセイを収録したものである.宇宙,極低温,人体,生命などに関連する極端な状況に関連した話題に関して,専門家やサイエンス・ライターが執筆している.「始まり」「謎」「すべてを解き明かす」「驚き」「発見の旅路」「結果」という6つの章にまとめられているが,どうもこじつけがましくて,この章分けの意義はあまり認められない.内容は一応,気楽に読める読み物である.

  • ???

    2.0
    でかのぶ

    多数の執筆者の為か纏まりが無く分かりにくい。興味のある部分は良いが、そうでない所は仕様がないから読んだだけでした。

すべての23レビューを表示

  • 禿童子

    イギリスの『ニューサイエンティスト』や『ネイチャー』などの科学雑誌の編集経験があるサイエンスライター20人余りの「無」をめぐるエッセイは話題の範囲が広く、最新情報も得られて面白かった。特に、麻酔による意識消失は自分も手術で経験したので興味深く読めた。真空技術による反物質の貯蔵。極低温による絶対零度への挑戦(ゼロにはならないが限りなくゼロに近づく)と超電導体と超流動体、超固体という奇妙なふるまいはボース=アインシュタイン凝固体(BEC)の形成による。プラセボ効果の「悪魔の双子」ノセボ効果は「呪い」の力? 続きを読む

  • Shinya

    いろーんな「無」の話。 物理や数学だけでなく、プラセボ効果やナマケモノのような動かない、という話。健康やトランジスタまで出てきます。 興味のあるとこだけ拾い読みするのもいいと思う。 自分はプラセボの話が特に面白かった。 続きを読む

  • ヘビメタおやじ

    数学・物理を目当てに買ったのですが、思いの外、医学・脳科学の話が面白かったです。特に、プラセボ効果には驚きました。現象自体は知っていましたが、プラセボと被験者が分かっていても効果が出るとは、どう考えたらよいのでしょう。また、意識を失うことの謎も、面白かったです。麻酔医の素晴らしい技術で自由自在に無意識を作れるのに、そのメカニズムが全く分かっていないとは驚きです。まあ、解明されていれば意識の謎も分かっているということでしょう。ひとつひとつのエピソードが短くて読みやすいです。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品