発売日 2014年10月15日(水)

世界の敵の超強撃《オーバースペック》!

著者名:霜野おつかい(著者) ともぞ(イラスト)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-7973-8051-4
サイズ:
文庫
ページ数:
312
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・霜野おつかい

イラスト・ともぞ

Twitter

Unable to load Tweets

  • ぶっ飛んだ物語設定

    3.0
    Hrym

    異世界を救って現代社会へ凱旋している勇者を集めて「災厄」に備えている学園があり、そこでは「災厄」そのものである圧倒的な強さをもつ主人公とサポート役のヒロインがいる。主人公は勇者たちの日々の習慣のような襲撃をたやすく払いのけ学園生活を送っているがその真意はどこにあるのか? 七つの異世界を救ったもう一人のヒロインが転入し主人公と関係が近づくことで真意が語られます。導入部は、興味を引かれますが、やや、主人公・「災厄」設定を明かすのが早急といいますか、拙速とも思えます。本文の読みやすさは、ラノベの文章力と言われて想像する【普通】だと思います。

  • バトルを丁寧に、設定バレを急ぎすぎない方が良かったと思います。 レビュー対象商品: 世界の敵の超強撃《オーバースペック》! (GA文庫) (文庫) Amazon Vine 先取りプログラム メンバーによるカスタマーレビュー

    3.0
    IEEE

    GA文庫恒例要素で埋め尽くされた「現代学園バトルコメディー」で、かなり「異能バトル」に趣きを置いた作品と言えます。舞台となる【綾神学園】の生徒達は全て、一人で世界を滅ぼしたり救ったり出来る程の、超人的な能力【異能】を持っており、それを駆使したバトル描写が主体となっています。その中でも、男性主人公【竜司】と、ヒロインの一人【リリティカ】の表紙コンビは、世界を滅ぼす側の存在【災厄の魔獣】と呼ばれ、正義の名の下に日々他の能力者達から命を狙われている……と言う展開から始まります。ただし、タイトルや帯びの煽りからも判る通り、「主人公は最強!」なので、その殺人行為自体が既に茶番化しており、学園生活の日常一幕として楽しめる構成になっています。本作の見せ場としては、男性主人公の生い立ちや、ヒロインとの馴れ初めを重点的に描き、シリーズ作品のプロローグとしては一応の完結をしています。一方、異能の存在理由や、世界観の情景描写等は非常に乏しく、作品に感情移入するのは少し困難に思います。また、GA文庫らしいギャグやお色気も網羅はされているのですが、脚本上の伏線に絡む事も無く、その唐突感故にバトル重視な本作では強く浮いて観え、少し勿体無く感じました。逆にイラストの方は、大半が肌色を魅せる方向性で描かれており、服を着ていても「履いてない♪」、服を脱いだら「生えてないっ!」…と言う印象を受けるレイアウトで作画されており、とてもキュートに感じはしますが、熱いバトルシーンが不足しているのは残念に思います。総体的には、シリーズ化を想定した作品の初巻と言う事もあり、恋愛要素は皆無でバトル重視に綺麗に纏めている印象を受けます。ただ世界観を構築する要素が、陳腐なだけでなく明らかに不足しており、ライトノベルとしては致命的とも言える「情景想像の困難さ」を強く感じたので、及第点評価に止めさせて頂きます。

  • 設定力不足はラノベとして致命的だが、バトルシーンに読み応えはある☆

    3.0
    🐕感🍺想🌬️駄🕊️文🎩

すべての17レビューを表示

  • アウル

    いまひとつだったな。話の展開が先読みしやすく、あっと驚く展開が無いまま予想通りのまま話が進んでいった感じ。バトル描写も個人的にはあんまり面白くなかった。 続きを読む

  • 晦夢

    異世界を救った英雄たちが集まる学園で世界を滅ぼすと言われている少年竜司は生徒たちから狙われながらその圧倒的な力で返り討ちにしていた。好きな設定なんだが、どこか物足りなく感じた。琴良はちょっと馬鹿っぽいけど可愛い。 続きを読む

  • ギンレイ

    【まだ白紙】 俺ツエーの学園異能ラブイチャ。 厳しいかな。 学園の集会中にイチャついてます~ そんなぼくたちだけど全校生徒より圧倒的に強いです~ という大盛り具合に胸ヤケ。 学園という舞台にも違和感バリバリだけど考えてはいけないようですw 忙しいドタバタですね    評価は ★★★★★☆☆☆☆☆ 5個星です!! 続きを読む

すべてのレビューを読む