発売日 2015年03月14日(土)

中古でも恋がしたい!

著者名:田尾典丈(著者) ReDrop(イラスト)

¥620(税別)

ISBN:
978-4-7973-8132-0
サイズ:
文庫
ページ数:
320
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・田尾典丈

イラスト・ReDrop

田尾典丈(たおのりたけ)
神奈川県横浜市出身。 第10回(2008年)えんため 大賞小説部門優秀賞受賞作「ギャルゲヱの世界よ、ようこそ!」で、ファミ通文庫( エンターブレイン)からデビュー。

Twitter

Load More...
  • あまり感想が思いつかないタイプ。

    3.0
    Amazonの客

    主人公は過去にトラウマあり、二次元(の処女)にしか興味のないエロゲーオタク。エロゲー購入の帰りに婦女暴行の現場に出くわす。警察に通報したりで結果的に助けたことに。被害者の女の子は茶髪など校則違反のオンパレードのヤンキー女。援交やビッチなど噂は絶えない。ある日、主人公の友達の男がヤンキー女に呼び出され、「あいつ(主人公)の好みの女は?」という質問に友人は正直に「ツインテール・・・っていうかエロゲーが好きですあいつ!」と伝える。そしてその後あらわれたヤンキー女は髪を黒く戻し、ツインテールのテンプレエロゲヒロインみたいな格好だった!ヒロイン化したヤンキーに告白される主人公だが「三次元に興味がない!(非処女にも興味ない!)」と断るが「お前の好きな二次元ヒロインよりも可愛くなって惚れさせてやる!」という展開。基本的に【モテない俺のために好みも全部合わせて絶対的に尽くしてくれる可愛い彼女(元ヤンというギャップ付き)】に萌えるもの。コミカライズもされていますがタイトルは変更されています。「中二病でも~」と似てるからでしょうか。個人的にはコミックよりも小説版のほうが挿絵もかわいいと思います。とりあえずこのシリーズで思ったことは、「特にダメ出しするところもないが、特筆して面白いわけでもない」感じ。主人公は意外とちゃんと考えているし、共感もできて、読んでいて不快感がない。ヒロインもある程度可愛い。特に気に入らないところがない。でも、「ここが超面白かった!」というおすすめポイントもあまり思いつかない。なんというか、時間つぶしにはとても良い感じ。普通に楽しめる。でも積極的に誰かに勧めるほどでもないかな。

  • 5.0
    Amazonier

    早く続きが読みたい、次の話が気になるこの様に思える本に出会ったのは久しぶりです。

  • (*^^*)

    4.0
    ヒマ人〜

    普通ここまで尽くされたら惚れますよ。メディアミックスが約束されたような作品ですな。読んでると古いですがコミックパーティを思いだす作品です。

すべての36レビューを表示

  • まりも

    処女厨の高校生・清一が校内一の不良女子・綾女のトラブルに巻き込まれた事をきっかけにして、彼女に惚れられてしまうところから始まる物語。予想以上に面白かった。御都合主義的な部分もありましたが、ベタなラブコメらしくて良かったと思います。タイトルは酷いけど、中身はしっかりしてある辺り流石はベテラン作家さんなだけありますね。ヒロインが主人公好みの女の子になろうと一生懸命頑張る姿は好感が持てたし、主人公も何だかんだで男らしい一面を見せてくれたのが良かったです。ラブコメとしての完成度は高いので、次巻も読もうと思います。 続きを読む

  • よっち

    二次元にしか興味がない処女厨エロゲオタクの新宮清一が、襲われていた校内一の不良・綾女古都子を偶然救い、新宮に運命を感じてしまう綾女。不良少女とオタク、普通なら交わらない2人の物語。わりと現実的なオタクな新宮やいかにも不良っぽい綾女といったキャラ自体に格段目新しさはなかったですが、なぜ綾女が新宮に惹かれていったのか、健気に好かれようと頑張ったのか、きちんとその背景を丁寧に描いて積み重ねていったことで、説得力のある物語になっていたと思いました。そんな綾女のために奔走する新宮も良かったですね。次巻も楽しみです。 続きを読む

  • まるぼろ

    作家として活躍中の田尾典丈さんが2年程前に小説家になろう!に投稿された作品を書籍化した物です。これなら2年前でも出版できそうな…w 小学生時の出来事が切っ掛けで重い女性不信に陥っていた新宮清一はふとした切っ掛けで綾女古都子を助けるが、彼女には幾つもの「噂」があって…と言うお話です。感想ですが、やはり悪意と噂ほど無責任でおっかない物は無いな…とw 蓋を開けてみれば尊郷と脅されていた初芝の吹聴した色んな嘘が原因でしたが最後は綺麗に纏まっていて良かったと思います。何となく続きが読みたくなった、そんな作品でしたw 続きを読む

すべてのレビューを読む