発売日 2014年12月15日(月)

東京ストレイ・ウィザーズ

著者名:中谷栄太(著者) Riv(イラスト)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-7973-8200-6
サイズ:
文庫
ページ数:
320
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・中谷栄太

イラスト・Riv

Twitter

Unable to load Tweets

  • 陰鬱になりがちな主題だがヒロインがそれを緩和している作品

    4.0
    はやたま

    重大事件の当事者たる位置に居た主人公は現在は呪いにより大きなハンデを負っていて、欠陥持ちのコンディションさらにその事件において、仲間を関わらせないために事情説明をせず消息を絶っておりじつに1年ぶりに事件解決のため過去の仲間達へ危機を知らせるべく話に行く・・・という流れ普通に考えれば陰鬱な展開が繰り広げられそうな所ですが、ヒロインであるアムリタの明るいキャラのお陰でそういった流れが上手いこと回避されていて良いバランスが取れているように思えますお約束のように主人公を慕っている(それと気づかずも含め)女性キャラも多いですがまだ表面上は気になっている程度にとどまっているので、よくあるチョロいハーレム的展開ではないのはよかったです(今後どうなるかは分かりませんけれど・・・)ただ続刊ありきの構成らしく呪いの詳細は語られることがない(よく分からない扱い)ので読者としては、ただ主人公に対する都合のよい能力リミッターとしか見えないのがやや残念なところですが物語としてはきれいにまとまっているので、もうすぐ出る続刊も気になる作品ですね。

  • 3.0
    Hyperion

    魔法が科学と同様に理論で組み立てられる世界観。ウィザード・魔法生物・公安の入り乱れた新宿での事変から1年。主人公は公安機関から出所し事変の首謀者でありかつての相棒を捜します。最初の調査は人から人へと情報をあたるごく普通の情報収集で、今後の登場人物と主人公の関係の整理。中盤から一冊目のボスについて、どんでん返しからのどんでん返し。怪しませるような描写が少ないので、唐突な展開に次ぐ唐突な自白告白。更に伏線に次ぐ伏線。[大事な説明シーンが省かれて場面転換]という感じが強く、長編にしたいのでしょうけど、一冊として見たときに完成度が低くなっています。数冊出た後で追いかけて読み始めるとよいと思います。

  • 詰め込み過ぎて、一冊の話としては完成度が低い。

    3.0
    IEEE

すべての19レビューを表示

  • θ(シータ)

    「さあ、帰るぞ、魔法と戦いの日々に!」魔法!魔法!!魔法!!!いやーたくさんの魔法が出てきて面白かった。途中、「あれ?この魔法ってなんだったけ?」と思うほどたくさんの魔法が出てたね。個人的には<拡張肢>がお気に入り、あれ、使い勝手が良さそうだよね。あーでも<パラベラム>もいいなー。まあ、そんな感じで魔法が沢山出て読んでて想像力が湧きたてられるいい本でした。星3つ【⭐️⭐️⭐️】 続きを読む

  • 晦夢

    まあまあ。主人公に制約つけるのは分かるんだが、なかなかきつくてそれが窮屈に感じた。こういう昔有名だった系は大好きなんだが、いまいちそれを生かしきれてない感。宮子は凄くいい。敵の変わり様がすごすぎて笑えるレベル。 続きを読む

  • 真白優樹

    東京を舞台にかつての伝説の少年が仲間達と共に駆け回り色々なものを取り戻していく物語。・・・これは中々いい物語。特に東京という現実の場所を舞台としたことで更に面白さにスパイスが加わっている。また志藤、雪近、アムリタといった主役の三人も中々良く、かつての仲間達を含むサブキャラも中々いい味を出している。戦闘要素も中々よく、アクションとしても中々良いレベル。 これは面白い、ぜひとも長続きしてほしい。次巻も楽しみである。 続きを読む

すべてのレビューを読む