SBクリエイティブ

日本人だけが知らない「終戦」の真実

松本 利秋:著者

終戦70周年企画!「終戦」が教える戦後世界の盲点
加瀬英明氏推薦!

「日本の終戦のカタチ」そして「終戦の認識の違い」が、今もなお世界との摩擦・軋轢を生み、戦後世界の不都合な事実を生み出している現実を知る1冊

70年前のこととはいえ、
現在もなお各国にとって大きな記念日である「終戦」。
世界は必ずしも「8月15日=終戦」とはしておらず、
この「終戦の日付」の認識の違いは、
日本人が国内外で思っていた以上に痛感させられることが多い。

また、戦後の諸問題の多くの根源は
「日本の終戦のカタチ」にはじまっており、
領土、戦争被害、戦後補償、外交など、
今もなお日本だけでなく
世界もひきずっているのが現状である。

本書は、昭和史の中で日本という舞台の中だけで語られがちな「終戦」が、
いかにそれをきっかけに戦後体制から現代の諸問題にまでひきずっているかを、
戦勝国、敗戦国、戦後の独立国などの世界レベルでの視座から見ていくもの。

本書を通して、日本のマスコミや学校が教えてくれない
世界史の中の死角・盲点としての「日本の終戦」が
理解できるであろう。

■目次:
序章 戦後の諸問題の根源は「終戦」にあった
第1章 第二次世界大戦の敗者と勝者それぞれの思惑
第2章 残留日本兵たちの波乱に満ちた終戦
第3章 戦後日本のカタチを決めた米ソの冷戦構造
第4章 現在の日中関係の原点は終戦のカタチにあった
第5章 アジアの解放、独立、建国にいたる日本の影響
終章 今も残る第二次世界大戦の長い影

定価:935円(本体850円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2015年7月16日(木)
  • ISBN:978-4-7973-8350-8
  • サイズ:新書/1色
  • ページ数:240
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

著者・松本 利秋

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る