発売日 2015年10月15日(木)

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)8

著者名:海空りく(著者) をん(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-8470-3
サイズ:
文庫
ページ数:
264
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・海空りく

イラスト・をん

Twitter

Unable to load Tweets

  • ほぼバトルオンリー巻 最後は無くても良かったかもw

    4.0
    Ama-san

    ※ネタバレありです他にも書いてる方いらっしゃいますが正直最後のドッキリ的なのは別にいらないかなーという感想ただそれまでは非常に面白かったですね個人的には慣れもあるんでしょうが読みにくいというのはないですねなんせもっと読みにくい人多々読んでるので全然楽勝の部類ですw次巻で1つ区切りかなと思いますがこれどーすんの?ぐらいに嫁がやばいことになってるので主人公のいつもの足掻きっぷりに期待です、個人的には夫に負けて欲しくないので。ここで夫が負けると次の展開が面白くなさそうだなと思ってるので・・英雄譚なんで次々試練を乗り越えていくのを楽しみたいというのがこの作品に期待してるところですし

  • 4.0
    Amazon杉山

    8巻まで読んでいるかたはもう慣れたと思いますが。とにかく文章が読みづらい。戦闘の場面でも戦闘の描写をしたいのかキャラクターの説明をしたいのかどっち付かずで進んでいって、場面場面が創造しにくい。これは全巻通して毎回感じることです。あと挿し絵のタイミングが悪い。絵は上手いのに対して「そこいらなくない?」「もっと他に描いたほうがいい描写あったよね」と勝手ながら思いました、ですが8巻まで読んでいる方は苦なく読めるようになってくるのではないかと、読み終わってから感じました。ですがストーリー的にはなかなか楽しめたので今は概ね満足です。あと8巻に関しては、ほぼ戦闘メインだったので描写がイメージしやすかった。というのも合わせて今回は星4つかな。

  • 困惑。

    4.0
    タキシード仮面

    作中にて、刀華とカナタの会話。「気力は充実しているようですわね。~」「それだけ、かな?」「カナちゃん?」「珠雫さんの仇討ち、という雰囲気じゃない気がする。~」といった会話があるが、カナちゃん?と問いかけてる事からしてこれが刀華の台詞なのだろうが、そうなると前後のキャラの口調がどう考えても逆転しているように思える。最早何が間違いなのか判読出来ないレベルの致命的な描写ミスではなかろうか。この他にも「てにをは」が抜けてるような、違和感のある文章を全巻通して散見しました。今作のアニメをキッカケに初めてライトノベルに手を出したのですが、正直言ってイメージ悪化。物語自体には特に文句無し。面白かったです。続刊が蛇足にならない事を願うばかり。

すべての7レビューを表示

  • Yobata

    七星剣武祭も残す所、準決勝のみ。反則負け覚悟で闇討ちに出た珠雫の作戦は失敗に終わり、一輝は天音と対峙する事に。その前にステラは王馬と対戦し、ついに真の力を振るう…。vs王馬,天音回。今巻は丸々バトルだったね。ステラvs王馬も一輝vs天音もどちらも激戦かつ熱戦で迫力あったけど、結果はどちらも圧勝だったなw王馬戦は武と技の攻防が際立ったけど、ステラが自覚した本当の力を発揮してからは圧倒的な暴力によって全てを薙ぎ倒しちゃったね。負けたけど倒れなかった王馬のストイックさには拍手。天音戦は、棄権宣言から入るという→ 続きを読む

  • よっち

    準々決勝最後の戦いは開始前の惨劇で終わり、七星剣武祭準決勝戦。《紅蓮の皇女》と《風の剣帝》、《無冠の剣王》と《凶運》が激突する第八弾。王馬もまだ本気を出してなくてその力をついに明らかにしたと思ったら、真の力を思い出したステラがさらにそれを上回る力で圧倒してましたね。ここまで来るとちょっと一輝の勝利をイメージ出来ない(苦笑)天音戦もまたその過去を巡る背景を乗り越えるための戦いで、こういうのを全て受け止めて救っちゃうんですよね一輝は。次はいよいよ決勝戦。約束をついに果たした一輝とステラ、二人の対決に期待です。 続きを読む

  • ナカショー

    迎えた準決勝。ステラと王馬の戦いは両者一歩も譲らない激闘かと思ったのに、本気出したステラが凄まじく強い。王馬も真の力を解放して凄まじくなったと思ったら、本気出したステラがさらに上をいくという圧倒的力で王馬をねじ伏せたのが凄まじかっですwそして一輝と天音の戦いは運を味方につけている天音を一輝がそれすらも実力でのし上がっていくのが良かった。ていうか天音も相当に暗い過去を抱えてんだな。次巻も楽しみ。 続きを読む

すべてのレビューを読む