発売日 2017年04月15日(土)

レーゼンシア帝国繁栄紀 ~通りすがりの賢帝~

著者名:七条剛(著者) ゆきさん(イラスト)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-7973-9174-9
サイズ:
文庫
ページ数:
320
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・七条剛

イラスト・ゆきさん

神奈川県在住。第4回GA文庫大賞《優秀賞》受賞「うちの居候が世界を掌握している!」シリーズでデビュー。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 軽い気持で楽しめる

    4.0
    konata

    難しい事を考えずに読んでいられる。ユーリスとシュウが多少出来すぎ感があるが、主人公だし、何よりラノベだからわくわく感を持って次を期待出来るストーリーが良いかな。これから2人がどういう方向に行くのかも楽しみ。

  • 3.0
    Amazon カスタマー

    病床の皇帝に男系の後継者がいないことから、皇女ユーリスに主人公が騙されてアルバイトとして雇われ、新皇帝の影武者をする話帝城では学生とバレないように、学校では影武者とバレないように振る舞いながら、婚約者である姫たちや学校の後輩美少女とハーレムラブコメを展開する一介の苦学生が皇帝の影武者をやるという点にかなり無理を感じるが、「ラノベなので」と、そこさえ気にしなければ、皇帝として必死に難題を打開しようとする主人公の言動を楽しむことができる主人公の軽率な振る舞いがやや多い気がするが、全体としては上手くまとまっていたヒロインたちも、ラブコメイベントはテンプレ過ぎるが、それぞれに独特な可愛さがあって良かったと思うどこかほのぼのとした雰囲気がうちの居候が世界を掌握している! (GA文庫)と似ていて、好きだった人にはお勧めできるユーリスがいろいろと画策しているようなので、続刊を楽しみにしている

  • レビュー対象商品: レーゼンシア帝国繁栄紀 ~通りすがりの賢帝~ (GA文庫) (文庫)

    Millefeuille

    うーん、「痛快・国家掌握ファンタジー」と帯に書かれていますが、そんなオーバーなものではありませんでした。ラノベですから全体的に「ご都合主義」なのは別にかまわないのですが、主人公はステレオタイプの鈍感知的イケメン、(本当の)皇帝も美女、(皇帝の)許嫁もおっとり系豊乳美女とスレンダー系ツンデレ美少女、教え子筆頭は有能金持ち美少女etc…。そして降って湧いた国家的問題に、自前の知識と若干の機転で難事をあっさり解決していく…。総じて「ほんわか甘ラブ日記」といった感じで、読者を悩ませたり不快にさせたりする描写は一切無い代わりに、ニヤリとするような展開もハラハラするような描写もとくにありません。読了後ほのぼの気分になれましたので、こういう雰囲気の作品が大好物な方でしたら★4つでもかまわないと思います。以下続刊・・・まぁ次の巻くらいは買ってみてもいいかな?

すべての5レビューを表示

  • よっち

    謎のアルバイト試験に合格し少女ユーリスと秘密の契約を交わした苦学生シュウが、まさかのレーゼンシア神聖帝国の皇帝に祭り上げられてしまう国家掌握ファンタジー。破格報酬のアルバイトは皇女の身代わりとしての皇帝就任。メイド姿のユーリスに振り回されるシュウの前に現れるお后候補たち。今回は一冊まるごと物語のプロローグといった趣でしたけど、国の難題を次々と解決するシュウの見事な采配や謎めいたユーリスの思惑、エピソードを積み重ねながら深めてゆく魅力的なヒロインたちとの関係が今後楽しみな新シリーズですね。これは続巻に期待。 続きを読む

  • ナカショー

    苦学生のシュウが破格なバイト代に釣られ気づいたら帝国の国王になっていたという国家掌握ファタジー。話の世界観や物語は続けば面白くなりそうな気がします。今後また、后候補が出てくると思うので、シュウのハーレムの行く末に期待です。次巻も楽しみです。 続きを読む

  • 真白優樹

    謎のバイトに合格した苦学生の少年が、皇帝の身代わりとして祀り上げられ始まる物語。―――知識と知恵が、帝国を動かす鍵になる。 立ちはだかるのは難題、共に過ごすは御后になるかもしれぬ魅力的な少女達。壮大な叙述詩の始まりを告げる今巻は、シュウ少年が皇帝に祀り上げられ悩みながらも、皇帝を背負い歩き出す、この巻から魅力が炸裂する巻となっている。少女達との物語を幾つも積み上げていくシュウは、この帝国をどんな方向へ導き、発展させていくのだろうか。歩き出した偽皇帝の国家繁栄の英雄譚、その行く末とは。 次巻も楽しみである。 続きを読む

すべてのレビューを読む