発売日 2014年09月13日(土)

うちの居候が世界を掌握している!9

著者名:七条剛(著者) 希望つばめ(イラスト)

¥620(税別)

ISBN:
978-4-7973-8015-6
サイズ:
文庫
ページ数:
320
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・七条剛

イラスト・希望つばめ

Twitter

Unable to load Tweets

  • 期待通り。

    3.0
    おじさん

    近くの書店で買えなかったので、無事買えました。内容は、読んで見てください。

  • 5.0
    親カッパ

    15歳の英才教育を受けたハイスペック少年と、つぶれそうな町工場の3姉妹のラノベ表紙裏の、カラーイラストとってもすごすぎです、確かに本編で前をはだけた妹が兄にシャワーを一緒にあびようと言っているシーンを絵にするとこうなりますが。ちなみに私はアマゾンのリーフレット無し版です。前巻のおしまいで予告されていた妹が登場します。超簡単にあらすじを言うと、歌姫な妹がとうとう「劇」の終幕を迎えるために兄の助けを得るという内容です。(すんません、要約しすぎておもしろくなさそうですが、この巻も凝ってます)新登場の(しかもこんなに巻が進んだところ)妹ターンということで、これまでの3姉妹や、私の大好きな秘書のルファとかは少しというかかなり脇にいっちゃってます。でも、ラノベならではというか大きなスケール感で読ませる、このシリーズ今回も単なる学園祭のクラスの出し物をテレビ中継するとか、巨悪をやっつけてしまうとか規模が大きく気持ちいいです。また、この妹、天然なのか、兄と一緒にホテル泊まりたがるとか、一緒のベッドに寝るとか、汗かいたので一緒にシャワー浴びようとするとかすごいです。当然ながらそんなことを許すまじと長女桃香が断固阻止する様がとても面白いです。やっぱりというか一つだけ解決できてない問題が残り、次巻はキュートなスパイ愛ちゃんの巻みたいです。こんなに巻が進むとだらだら進行するだけになるのですが新登場の妹のスペックが高いこともあり面白かったです。

すべての2レビューを表示

  • 水無月冬弥

    義妹編、なのですが、けっこう、桃香回だった気もします。特に特殊な力を持っていないのですが、やはり彼女が「家族」の象徴なのでしょうねえ。いろいろきな臭くもなっていますが、次巻が社長&ルファ回だと、あっさり無双しそうです。 続きを読む

  • 2匹のニャンコ世話担当

    妹ではあるが義妹の歌姫の決意をもっての懲悪。過去の自分の境遇のようなこども達をなくしたい、という思いを真哉とともに果たすわけですが、影ながら莉子が目標に向かっての努力をしてるのが分かるね。イリーナと真哉で、仕上げを文化祭の演劇に紛れ込んでやるあたりはさすが。さて「人工衛星」まで持ち出して、真哉の周辺を切り崩しにきてる首謀者がちらついて、おまけにエージェントの愛が行方知れずと、大きく舵を切る様相・・・。 続きを読む

  • カインズ

    【基本に戻ってスッキリ】★★★★☆ 最近物足りなさを感じていた本シリーズですが、今回メインとなるイリーナが女性版真哉という感じの世間知らずっぷりで独特のボケを発揮してくれるので、新鮮な印象で読むことが出来ました。真哉にふさわしい女性になるとずいぶん前から言っていた割には余り変化が見られなかった莉子が、意外な所で力を見せてくれたのも好印象。このシリーズは、無闇に女の子を出さずに三姉妹+ゲストヒロイン一人位で進むのが一番良いような気がします。 続きを読む

すべてのレビューを読む