発売日 2017年02月15日(水)

うちの居候が世界を掌握している!16

著者名:七条 剛(著者) 希望つばめ(イラスト)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-7973-8967-8
サイズ:
文庫
ページ数:
232
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・七条 剛

イラスト・希望つばめ

神奈川県在住。第4回GA文庫大賞《優秀賞》受賞の本作にてデビュー。
経済的に無敵な少年社長があじわうアットホームラブコメディが大ヒット。コミックやドラマCDにもなっている。

Twitter

Unable to load Tweets

  • きれいに終わった

    5.0
    nas

    長すぎたと意見もありますが自分はちょうど良いくらいかなと思いますナンバリングは本編16+短編集1ですが実質本編14+短編集3ですね最終巻は皆が何かしらの役割を持って危機に立ち向かうのがこの作品で何度も出てきた"家族"の一つの形なのでしょうドンキホーテは・・・かれは家族じゃないから仕方が無いかな個人的にはルファに幸せになってもらいたいと思いますが後日談でも相変わらず苦労しているようで・・・まあそれも一つの幸せの形(ずっと一緒)なのでしょうか

  • 5.0
    Amazon Customer

    1巻が出たときから買い続けてきましたが、ようやく完結です。ここまでの期間は長かったようにも、短かったようにも感じられます。七条さんお疲れ様でした。

  • 予定調和の完結巻

    4.0
    Amazon カスタマー

    遂に最終巻必要なことだけ書かれたスリムな構成で、ボリュームも約200ページと薄い真哉に関わった人々が一丸となって、前巻で発覚した地球の危機を救う桃香だけは相変わらず蚊帳の外だけども、部外者だからこそできるほのぼのスタイルで最後まで和ませてくれた特に意外性は無い予定調和なストーリーだが、ここまで読んできた読者なら納得の一冊となっているラストで成長したそれぞれの様子が描かれているが、女性関係の終わり方も予定調和なのは、やむを得ないところだろうか母親の雅のスタンスは、ややご都合主義的ではあるが、それもまたこの作品らしいと言えなくもない途中でダレてしまったシリーズではあるが、しっかりと完結させてくれて本当に良かった作者は新シリーズを執筆中とのことなので、そちらを楽しみにしたい

すべての4レビューを表示

  • 2匹のニャンコ世話担当

    ついに終結。家族愛をめぐる物語、真哉もおぼろげに父の存在の大きさを感じたのかな。とはいえ、飯山家を中心に生活とその未来を守り抜くために、知識から人財、果ては「資産」までも投入という手を尽くして、結果は地球の危機を救ったが、なんで?ってオチ。そりゃ企業としての契約履行も大事なのだけど、ちょいと大国を裏から責めれば衛星の賠償ぐらい取れそうだろう。最後に少し未来の話があったけど、桃香、莉子、優希がそれぞれ長所を伸ばして幸せをつかみそうな感じだけど、ルファは相変わらずでしたね。 続きを読む

  • 水無月冬弥

    完結! 人類滅亡の危機の中、ずっと優しい世界が続いたのがよかったですね、お母さんもダメなところはあったけど息子のことを思っていたようでほっこりしました。しかし、真哉がきちんと日常を楽しみつつ、世界を救うのではなく家族を救うために全てを投げ出すのはよかったですね、あいかわらず淡々とだけど(笑) いやあ、気持のいいハッピーエンドでした。 続きを読む

  • Merino

    決戦を前に皆でワイワイと食事をするシーン(あれ?どこかでそんなの見たな?)とても良かった。それにしても人工衛星にまで愛を注ぐとは恐れ入る。シリーズ通して心がくすぐったくなる(?)柔らかな家族のお話で、とっても良かった。 続きを読む

すべてのレビューを読む