発売日 2016年06月15日(水)

うちの居候が世界を掌握している!14

著者名:七条 剛(著者) 希望つばめ(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-8736-0
サイズ:
文庫
ページ数:
264
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・七条 剛

イラスト・希望つばめ

神奈川県在住。第4回GA文庫大賞《優秀賞》受賞の本作にてデビュー。
経済的に無敵な少年社長があじわうアットホームラブコメディが大ヒット。
コミックやドラマCDにもなっている。

Twitter

Unable to load Tweets

  • とうとう逮捕されるも抜け出す痛快さ 母との確執ラノベになりつつあります。

    5.0
    親カッパ

    15歳の英才教育を受けたハイスペック少年と、つぶれそうな町工場の3姉妹のラノベ奇抜な設定だけに数巻で終わるかなぁとおもっていたこのシリーズですが「家族」と「3姉妹」に焦点に置いたせいかすでに14巻です。 すごいです。レーザーで学校などを溶かすなどいろんな冤罪でとうとう居候で社長な真哉がつかまってしまいます。しかも、警察で提示された写真は、身近の人が撮った写真でどうも誰かがわからない。。。  背景をさぐってゆくと、真哉の母が、あるものを狙っていて、いろんなところに圧力をかけているというのがわかってきて。。。 という流れです。 サイドストーリーというか、メインの流れではない話は、次女莉子が真哉と一晩をすごすとか、忍者で少し抜けている凛がラーメンのクーポン券をめぐり葛藤を繰り広げるとかは、まさにこのシリーズラノベの面白さそのものです。ただ、母 雅との関係がどろどろと展開してきたところが少し変わってきたかなぁと感じるのと、これまではみんなが力を合わせ問題を解決するのがこの巻はほぼ、真哉だけが対処する形になっているのが残念ではあります。まだまだ続きそうなこのシリーズ、+3姉妹ラノベ(とくに3女の登場が少ないのが残念!)から+(パーフェクトな)母ラノベになっていきつつありますが面白く読めました

  • 3.0
    Amazon カスタマー

    相変わらずのほのぼのラブコメ14巻掛け合い漫才で紙幅を無駄に潰すことなく、家族+女性陣のほのぼの風景からスタートするのはお約束主人公のチートは健在で、そのためにどれだけ危機感を煽られても、主人公と同様に読者が全く危機感を感じないのは、作品として致命的になってきているストーリー面では母の陰謀が見所となるわけだが、大人たちの動きに多少の意外性はあるものの、それも主人公のチート頭脳と莉子の勘のせいでいまいち盛り上がらないあげく、この巻でもまた、肝心の母の目的がわからないまま次巻に先送りとなってしまったここまで引っ張るということはそろそろ完結を見据えているのかもしれない残るはラブコメ面、今巻では莉子がクローズアップされており、メインヒロインのような活躍を見せてくれるしかし、それも最近は定番になってきているので、いまいち意外性がないつまるところ、あらゆる面で特筆すべき点のない退屈な一冊となってしまっている女性陣がそれぞれスペシャリストであり、必ず主人公の味方で、彼女たちが傷つくことも絶対にないというのは、この作品の魅力である一方、足かせになっているように思えるもっと刺激があると良いように思うが、ここまで来て下手に変えると、良い面も失われてしまうだろうあとどれだけ続くのかわからないが、作者にはなんとか最後まで書ききってほしい

すべての2レビューを表示

  • 水無月冬弥

    #ラノベ あんな引きだったのに警察がまったく働いていない……、さりげなく過去の掘り下げ回でしたね、しかし、雅さん、何かの目的があって息子も教育したようですが、なぜひた隠しにしているんでしょうねえ? 続きを読む

  • 加賀ますず

    笠取真哉、逮捕!?雅の策略により、突如として警察に追われることになった真哉。果たして雅の目的とは…。いよいよシリーズクライマックスということで、真哉の過去や雅の目的、士郎やキルマンの大学時代など、残されていた伏線が一気に回収されていく、高揚感と緊張感溢れるエピソード。そしてふわふわ掴みどころのない真哉を何とか繋ぎ止めようとする莉子さんぐうかわの巻。次巻が更に気になる… 続きを読む

  • 藤崎

    今回は罪状選り取り見取りの逮捕から始まる陰謀劇。全体的に未解決の案件も多く、例の決め台詞もなかったし、クライマックスに向けての準備回な風情。そしてお約束ですがあえて言いましょう・・・ロ莉子可愛い。後付けの過去話なんて反則技まで持ち出してヒロインポイント総取り状態。後、母親の「目的」に関しては、ロマンとの遭遇から夢のない落ちものまで色々可能性はありそうですがどうなることやら。そしてラストで・・・いや貴女元々実質ナンバー3だったでしょうに。順当な繰り上げ繰り上げ、みたいな感じで、そろそろ始まる終盤戦に期待です 続きを読む

すべてのレビューを読む