発売日 2017年04月15日(土)

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)12

著者名:海空りく(著者) をん(イラスト)

¥630(税別)

ISBN:
978-4-7973-9198-5
サイズ:
文庫
ページ数:
344
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・海空りく

イラスト・をん

Twitter

Unable to load Tweets

  • エーデルワイスさんがかわいいね

    4.0
    ダメ

    料理がすきでダイエットのために剣術を学んでいたら最強になっちゃったってどんな設定だよw嫁にしたいw

  • 3.0
    Amazon Customer

    ステラの修行がメインの話ですが、ステラの成長は見ててあまり面白くないですね。なぜなら教えられたことを苦もなく克服し超絶パワーアップしてしまうから。初期の頃は誰も自分の努力を見てくれないと不貞腐れてましたが実際そんな努力してないやんけ…あと主人公はせっかく覚醒したのにその凄さの片鱗も見えないし魔力増強の修行しないのはなんで?個人的には魔人化した超絶強くなったイッキに中々追い付けず苦悩に悩まされまくるステラが見たかったです。

  • 最強の剣士エーデルワイスが剣をとった驚愕のわけがあきらかに

    4.0
    ニア

    前巻がオルゴールたちゲス魔人sのテロリストたちが活躍で、あれはあれでよいのですが、気持ちくらくなる話しでした。今回は変わって、希望やまっすぐさが表にでた回です。ステラの修行と心構え、意外にツンデレな様子としっかりした覚悟をもつたたらなど、気持ちよかったです。もっとも今回一番魅力的だったのは、最強剣士のエーデルワイスさん。もっと厳しく神秘的な性格かとおもいきや、意外におちゃめでかわいい性格と判明。イラストも魅力てきです。そして、今回一番の驚きは、エーデルワイスさんの劍をとった理由があかされたことでしょう。私も思わずリアルで声をあげてしまいました。(本文より抜粋)ー本気だ。迷いなく頷くエーデルワイスに、一輝はそれを理解する。彼女は何一つ偽りを口にしていないのだと。こうしてあかされた驚愕の事実。いうなれば、遺伝子に絡みつく人にかけられた呪いが何なのかは、ぜひ作品で確かめてください。

すべての7レビューを表示

  • よっち

    ルナアイズの宣言によってクレーデルラントとの戦争は、代表戦によって雌雄を決することに。代表メンバーに選ばれたものの自分の力不足を痛感するステラが、自らの限界を超えるべく世界最強の剣士《比翼》のエーデルワイスに挑戦する第十二弾。力不足だからと言っていきなり最強に挑むとか発想が極端過ぎるだろとか思ったら、エーデルワイスの意外なギャップにビックリしました(苦笑)もはや職人芸的な手法で強さを極めてゆく一輝と対照的なステラの限界突破でしたけど、さりげなく出場メンバーも因縁も明らかになったりで、代表戦が楽しみですね。 続きを読む

  • ナカショー

    ステラ修行回。バトル物では鉄板の修行回。ステラの努力や熱いバトルの他に、エーデルワイスさんの印象がガラリと変わる巻でもありました。次巻も楽しみです。 続きを読む

  • 真白優樹

    雌雄を決する決戦が迫る中、力不足を痛感したステラが世界最強の元に修行に出向く今巻。―――立ち塞がる壁を砕き、山すら砕きて進化せよ。前巻が一輝の番なら今巻はステラの番と言わんばかりにステラが主役な今巻は、エーデルワイスを掘り下げつつ一輝とステラが修行の先に新たな力を見つける巻となっている。世界最強に認められ、防御を身に着け肉薄するまでに成長した一輝、そして自らの壁を破り、魔人すら降して進化したステラ。敵地での総力戦の先、その先に待つ戦いは如何なる人外の力がぶつかり合う戦いになるのか。 次巻も楽しみである。 続きを読む

すべてのレビューを読む