発売日 2018年01月06日(土)

日本人だけが知らない世界から尊敬される日本人

著者名:ケント・ギルバート(著者)

¥800(税別)

ISBN:
978-4-7973-9371-2
サイズ:
新書/1色
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・ケント・ギルバート

ケント・ギルバート
1952年、アイダホ州に生まれる。1970年、ブリガムヤング大学に入学。翌1971年に末日聖徒イエス・キリスト教会のモルモン宣教師として初来日。経営学修士号(MBA)と法務博士号(JD)を取得したあと国際法律事務所に就職、企業への法律コンサルタントとして再来日。弁護士業と並行して英会話学校「ケント・ギルバート外語学院」を経営。またタレントとしてもテレビに出演。2015年、アパ日本再興財団による『第8回「真の近現代史観」懸賞論文』の最優秀藤誠志賞を受賞。『日本人の国民性が外交・国防に及ぼす悪影響について』と題した論文は、日本人の誠実さなどを「世界標準を圧倒する高いレベル」と評価。一方、その国民性が「軍事を含む外交の分野では、最大の障害になる」とした。
著書には、『ケント・ギルバートの素朴な疑問 不思議な国ニッポン』(素朴社)、『国際化途上国ニッポン』(近代文芸社)、『不死鳥の国・ニッポン』(日新報道)、『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』『やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人』(以上、PHP研究所)などがある。

Twitter

  • このシリーズは読んだ方がいいです

    4.0
    れもん

    マスメディアによりコントロールされている事を、日本人は理解した方がいいです。

  • 4.0
    うなぎねこ

    立派な人はいくらでもいるんだろうなあ。ケントギルバートさんよく知ってますね。

  • あ~、そうなのか

    4.0
    白髪のビートル爺ー

    大変読みやすく、また、日本の偉人を知ることができ良かった。文中にもありましたが、是非、学校で教育をしてもらいたいと思いました。

すべての18レビューを表示

  • もっと日本を知らないと思う今日この頃。19世紀末にヨーロッパが東洋人の活躍を恐れ、正当な評価を阻んだ黄禍論。現代まで続くというのは?だが、そのような事実はあったろう。高峰譲吉は世界的科学者でありながら陽の目を浴びることはなかった。それでもDCの桜並木を企画し、資金を集めたというエピソードは日本の誇りだと実感。新渡戸稲造の武士道の項は興味深い。武士道=好戦的な日本人。題名だけ聞くとそうなるかもしれない。自分も改めて武士道を読みたい。全体としては話が逸れ過ぎだし、著者のアピールも多くちょっと違ったかな。 続きを読む

  • しましまこ

    ここでもGHQ… 続きを読む

  • 魔王

    今回は日本人が知らない偉人の話でした。確かに知られていない人ばかりです。もっと取り上げてほしいですね。映画なり朝ドラなり大河とかで話題にならないと難しいです。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品

発売日2020年03月06日(金)

発売日2020年02月06日(木)