発売日 2019年01月08日(火)

本当は世界一の国日本に告ぐ大直言

著者名:ケント・ギルバート(著者)

¥800(税別)

ISBN:
978-4-7973-9837-3
サイズ:
新書/1色
ページ数:
240
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・ケント・ギルバート

ケント・ギルバート
米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年生。「慰安婦報道」の嘘やGHQの「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP)」の存在を知り歴史認識が一変。その後の「ファクト(事実)」にこだわった言論活動が注目を集めている。著書に『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』『やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人』(いずれもPHP研究所)、『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』(講談社+α新書)、エルドリッヂ氏との共著に『危険な沖縄 親日米国人のホンネ警告』(産経新聞出版)など多数。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 「日本人に知らされないこの国の不都合な真実!」

    5.0
    あさひ

    親日家で有名なケント・ギルバートさんの本です。日本にはびこるメディア、護憲派、官僚のせいで、日本国の素晴らしさを国民が気づいていないことに対して、苛立ちを感じていらっしゃるように見えるほどネット中継やたくさんの本を出版されて警鐘を鳴らしておられます。敗戦後そうしたのはアメリカのせいじゃないですか!そう言いたくもなりますが、ケントさんはそれも全部理解されて、親日家になっておられます。メディアのおかしさはネットのお陰で気づいた国民も多くなりましたが、それでもまだテレビや新聞を信じる世代のほうがパワーもあります。「本当は世界一の国・日本」その言葉を信じて、テレビ世代の国民にもこの本を手に取って理解して頂きたいと思います。

  • 5.0
    fms

    第一章の後半の各節は、さすがはケントさん、博識です。第二章は、日本国憲法の話、これもなかなか説得力があります。米国人が書くから、さらに説得力が増すのでしょう。なんたって、GHQと同じ国の人だから。第三章の外交官の話は、”日本人にはすごい人がいた”ってことを感じます。満州の解説は、異論もでるかも。本書は、各章の後半に、特定の日本人を簡単に解説する節が設けてあり、その内容は秀逸です。雑学的にも良い話ばかりです。

  • 個人的な信条

    5.0
    アマゾンのお客様

すべての15レビューを表示

  • シャコタンブルー

    ペリーの黒船来航により鎖国が解かれたように、何か特異な変化が起きなければ日本の危機的な状況は改善しないだろうと思えた読後感だった。本書は国際的に活躍している弁護士のケントさんの客観的視点による日本人への警告となっている。「メディア」「憲法」「官僚」この3本に絞り、そのタブーと危険性を警鐘している。特に印象に残っているのは「憲法」の章で、日本の法学部の学生は法律の文言や内容はすべて正しいという前提があり司法試験合格のため「法解釈学」しか勉強せず、新たな法律を作る勉強ができない・・多様な解釈が必要なのに・・。 続きを読む

  • sayzk

    タイトルと内容がピンぼけ気味。筆者が勧める尊敬すべき人物伝。 最近、保守派論客として期待するところが大きいだけに、他の著書に期待。 続きを読む

  • バジンガ

    ケントさんの本、書店の店頭でたくさん並んでいます。試しに1冊手に取ってみました。憲法に関する件では、天皇機関説のことがくわしく解説されていました。美濃部説やその時代背景をしっかりつかんでいなかったので、自分自身誤解をしました。勉強になりました。 続きを読む

すべてのレビューを読む