発売日 2019年01月08日(火)

本当は世界一の国日本に告ぐ大直言

著者名:ケント・ギルバート(著者)

¥800(税別)

ISBN:
978-4-7973-9837-3
サイズ:
新書/1色
ページ数:
240
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・ケント・ギルバート

ケント・ギルバート
米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年生。「慰安婦報道」の嘘やGHQの「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP)」の存在を知り歴史認識が一変。その後の「ファクト(事実)」にこだわった言論活動が注目を集めている。著書に『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』『やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人』(いずれもPHP研究所)、『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』(講談社+α新書)、エルドリッヂ氏との共著に『危険な沖縄 親日米国人のホンネ警告』(産経新聞出版)など多数。

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • thee birdmen

    「マスコミ」と「憲法」と「官僚」という三点がいかに現代の日本をダメにしているかについて指摘する本です。主張に目新しいものはないもののケント氏の知識量と論説の鋭さには毎度感心します。本当に日本人よりも日本人を深く理解している人です。失敗を糧にできない人間が寄り集まると、冒険をせず現状維持が最上となり、やがて社会の構造が衰退していくのは必定。明治維新然り敗戦然り、衰退し切らなければ停滞に風穴を開けるような変化は起こらないのかなと、切ない気持ちにもなりました。 続きを読む

  • シャコタンブルー

    ペリーの黒船来航により鎖国が解かれたように、何か特異な変化が起きなければ日本の危機的な状況は改善しないだろうと思えた読後感だった。本書は国際的に活躍している弁護士のケントさんの客観的視点による日本人への警告となっている。「メディア」「憲法」「官僚」この3本に絞り、そのタブーと危険性を警鐘している。特に印象に残っているのは「憲法」の章で、日本の法学部の学生は法律の文言や内容はすべて正しいという前提があり司法試験合格のため「法解釈学」しか勉強せず、新たな法律を作る勉強ができない・・多様な解釈が必要なのに・・。 続きを読む

  • 魔王

    前から思っていたのは、夕方のニュースでやたらグルメばかり流していること。何でこんな不毛なものを見ているんだろうと思いました。今回、この本を読んで、やっぱりそうだよなと確信を得ました。周りの人も政治に関心が無さすぎる。完全にメディアのせいでしょ。平和主義に関しては、争うことはしないまでは考えるけど、じゃあ戦争になったらどうするの?までは考えてないよね。自分もそうです。知らないことが多すぎる!勉強しよう 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品

発売日2020年06月06日(土)