発売日 2018年03月14日(水)

1分で話せ
世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

著者名:伊藤 羊一(著者)

¥1,400(税別)

ISBN:
978-4-7973-9523-5
サイズ:
四六/1色
ページ数:
240
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

書籍関連ニュース

著者紹介

著者・伊藤 羊一

伊藤羊一(いとう よういち)
ヤフー株式会社 コーポレートエバンジェリスト Yahoo!アカデミア学長。
株式会社ウェイウェイ代表取締役。東京大学経済学部卒。グロービス・オリジナル・MBAプログラム(GDBA)修了。1990年に日本興業銀行入行、企業金融、事業再生支援などに従事。2003年プラス株式会社に転じ、事業部門であるジョインテックスカンパニーにてロジスティクス再編、事業再編などを担当した後、2011年より執行役員マーケティング本部長、2012年より同ヴァイスプレジデントとして事業全般を統括。
かつてソフトバンクアカデミア(孫正義氏の後継者を見出し、育てる学校)に所属。孫正義氏へプレゼンし続け、国内CEOコースで年間1位の成績を修めた経験を持つ。
2015年4月にヤフー株式会社に転じ、次世代リーダー育成を行う。グロービス経営大学院客員教授としてリーダーシップ科目の教壇に立つほか、多くの大手企業やスタートアップ育成プログラムでメンター、アドバイザーを務める

Twitter

『#1分で話せ』読了。
•ゴールは「相手に伝える」ではなく「相手を動かす」
•主張+根拠×3(左脳に刺激)
•画像や動画でビジュアライズする(右脳に刺激)
•リトルホンダを作る(客観性)
1分間で相手を動かす最強の話し方を教えてくれる良本。教壇でも役立つと思います。
#伊藤洋一 #学級経営

メモの魔力を生かして、読書したことをメモしてまとめてます!自分なりのやり方。誰も100%正しいなんてないから好きなようにやってみること。動くことが大事。考えて迷って動かないは時間がもったいない。やってみて間違えて直していけば良いと思うよ。
#メモの魔力 #メモ魔 #メモ魔塾 #1分で話せ

モモがいま一番勉強しないといけないなと思ってること。

#いちばん大切なのに誰も教えてくれない段取りの教科書

#水野学 さんのブランディングの本も買った。今月2冊目。1冊目は、伊藤羊一さんの #1分で話せ 。この順番で読んで正解だったな。

幼牛、成長するんだも🍑✨
#分かりやすくてオススメ

1分で話して、動画とって、次の日きく→リトルホンダ、メタ認知

・お題「超一言」
・伝える相手の前提確認(時代、コミュニティ、興味、自分に求められてること、テーマについてどの程度)
・結論
・理由3つ
・例えば

#1分で話せ #トーク #伝える

#1分で話せ
①プレゼンは相手に行動させるためにする。そのためには相手を知り何をしてほしいか明確にしカスタマイズする。②結論、根拠、具体例の三段ピラミッドを作る。③リトルホンダを作り、プレゼンしてる自分を客観視する。④キーマンに根回しをする。

Load More...
  • W-G

    わかりやすさやとっつきやすさはかなりのもの。読んでいる人もおそらく、わかってはいるんだけど出来ないんだよな…みたいなことが整理してスッキリ書かれている印象。具体例も割と量があるので、色々な場面にあてはめやすい。様々なテクニックに頁を割いて解説しているが、巻末近くに「結局は伝えたいという熱意が大切だよ」的なことがちゃんと書いてあるのも個人的に◎。技に走って感情を疎かにするような対人術の本が多い中、かなり大きい範囲を対象にしていけるとは思うが、もう少し専門性が欲しいと感じる読者もいるかも。 続きを読む

  • 徒花

    内容はタイトルの通り。面接やプレゼン、社内会議などなど、限られた時間で端的に自分の意見を伝え、かつ、相手を動かす手法がまとめられている。当然ながら文章はわかりやすく、図版やイラストを交えて文字のバランスもいい。余計なことを話さず、結論にたどりつくためのピラミッド図を頭の中でつくることなどはテクニカルな部分だが、最後の章では話す側の姿勢、熱意についてまで語られている。良本。 続きを読む

  • ehirano1

    #序章が強烈ですが、肯くしかない出来っぷり(素晴らしい)。#事実やデータは結論ではない(そうそう)。#頑張ったことは話すな(ウンウン)。#ビジネスで面白いは『ロジック』(→プレゼンで笑いは不要)。#ロジックが構築できないと1分で話すことはできない。#上司へはプレゼンではなく『対話を意識する』。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

発売日2019年08月22日(木)

同じジャンルの商品