発売日 2019年06月06日(木)

なぜ中国は日本に憧れ続けているのか

著者名:石 平(著者)

¥830(税別)

ISBN:
978-4-8156-0028-0
サイズ:
新書
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・石 平

石平
評論家。1962年、中国四川省成都市生まれ。80年、北京大学哲学部に入学後、中国民主化運動に傾倒。84年、同大学を卒業後、四川大学講師を経て、88年に来日。95年、神戸大学大学院文化学研究科博士課程を修了し、民間研究機関に勤務。2002年より執筆活動に入り、07年に日本国籍を取得。14年『なぜ中国から離れると日本はうまくいくのか』(PHP新書)で第23回山本七平賞を受賞。

Twitter

  • おくてつ

    中国から帰化し、中国の現体制に批判的な論調な評論家の石平さん。「精日」も話題だけど、それを歴史から紐解いてくれるのかなと手にした一冊。 でしたが、前半は中国の歴史書の中で、いかに日本を憧れの対象として書かれてきたか。後半は政治的意図でいかに反日の誘導がされたか。そして、その裏で日本の良さをどう見出されているか。 「なぜ」はあまりなく、事実の羅列だけのようにも感じました。 ただ、交流の歴史を知るということではためになりました。 続きを読む

  • Masataka Sakai

    好きな子をいじめる心理なのか? 民間の交流とSNSで化けの皮が剥がれると言う今の事実なのですね 続きを読む

すべてのレビューを読む