発売日 2019年09月06日(金)

2020年からの新しい学力

著者名:石川一郎(著者)

¥830(税別)

ISBN:
978-4-8156-0261-1
サイズ:
新書
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・石川一郎

「香里ヌヴェール学院」学院長、「アサンプション国際小・中・高等学校」教育監修顧問。「21世紀型教育機構」理事。1962年東京都出身、暁星学園 に小学校4年生から9年間学び、85年早稲田大学教育学部社会科地理歴史専修卒業。暁星国際学園、ロサンゼルスインターナショナルスクールなどで教鞭を執る。前かえつ有明中・高等学校校長。「21世紀型教育」を研究、教師の研究組織「21世紀型教育を創る会」を立ち上げ幹事を務めた。著書に『2020年の大学入試問題』(講談社現代新書)がある。

Twitter

年末年始に読破した一冊。
#2020年からの新しい学力

教育業界がこれから向かうべき方向性がぎっしり書かれた。
学力と勉強力の違い、これから必要なのは本当に学力だと思う。

Load More...
  • gonta19

    2019/9/22 喜久屋書店北神戸店にて購入。 2019/9/22〜9/23 新しく始まる大学入学共通テストを受けてこれからの時代に必要とされる学力について論じた内容。子供が中学受験するので、色々な説明会に参加しているが、学校によってこれらの内容に対応できないところは淘汰されていくんだろう。想像力、デザイン力、自分軸がキーワード。最近の若い人達の想像力の欠如は私も感じていたが、最後の自分軸は、言われてみればその通り、という感じで良いサジェスチョンだった。 続きを読む

  • まさひろ

    著者の主観で意味のないものがちらほら混じっているのと論展開がやや雑なのが少し気になりましたが、主張自体は概ね参考に値するものだと思った。 「新聞の囲み記事を要約する」のような課題は、公文式でひたすらやってたなぁ。 明確に反対なのは、HOW MUCH(効率性重視)と「好き嫌いをはっきりわかる」の2点。 効率性度外視の精神と曖昧性は、教育の何処かに残すべきだと思う。 続きを読む

  • ムーミン

    義務教育の世界では常に実践への努力がなされていたものが、大学改革そして高校へと変わらざるを得ない状況が生まれ、ようやく堂々と取り組むことができそうです。ただ、今の大人の中にある学力観、評価観を変えていくには、時間も必要だし、地道な説明も必要だと思います。 続きを読む

すべてのレビューを読む