ノンフィクション/ビジネス
超一流のすぐやる技術
超一流のすぐやる技術

横山 信弘 著
ISBN
978-4-7973-8702-5
サイズ
四六/1色
ページ数
160
価格
1200円+税
出版日
2016/07/07
電子版を購入
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


超一流は、すべてのことをすぐやらない。


本書で紹介しているのは、単にすぐ行動するための方法ではなく、
「超一流のすぐやる技術」です。

超一流は、すぐやる習慣が身についています。
でも、なんでもかんでも「すぐやる」ことを良しとはしません。
やるべきことはすぐやり、やるべきではないことはすぐやらない。
その判断基準は、「成果につながる行動のみ、すぐやる」こと。
ただそれだけです。

なぜなら、ただでさえ一人あたりの仕事量が増えている現代。
どんなこともすべてすぐやっていたら、さらにやるべきことが増えて、仕事中毒になってしまいます。
また、残念ですが、相手と場合によっては他人に軽く扱われてしまうことにもつながります。

超一流は、誰よりも多くの仕事量をこなしますが、
仕事だけではなく、プライベートも楽しんでいます。
また、当然ですが、まわりの人から軽く扱われることもありません。

ですので、あなたがもし、「すぐやる」ことができていないのであれば、
まずは、すぐやるための技術を身につけていただきたい。
そして、そのあとに、すぐやらない技術もぜひ覚えていただきたいのです。

ベストセラーとなった『絶対達成』シリーズが『空気で人を動かす』シリーズでも有名な、最低でも目標を100%達成させる「絶対達成」コンサルタントである著者は、年間5000人、累計3万人以上を指導してきました。

本書は、長年多くの人を目標達成を指導する中で生み出された、
著者流の「成果を生み出すための、すぐやる技術」のすべてを紹介した、渾身の1冊です。

■目次:
プロローグ
1章 あなたが「すぐやる」ことができない本当の理由
2章 荷物を軽くする「スケールテクニック」
3章 道を滑らかにする「ノイズキャンセリング」
4章 押す力を鍛える「レジリエンス」
5章 「軽く扱われない人」になる
6章 やりたいことをまっすぐやる! 「台車管理」
エピローグ 軽々とやる人になり、ワークライフバランスを実現する!


横山 信弘(よこやま のぶひろ)
アタックス・セールス・アソシエイツ代表取締役社長。1969年、名古屋市生まれ。24歳から青年海外協力隊に参加した後、日立製作所に入社。もともと奔放で大ざっぱな性格であったがゆえに、日本の会社員生活、完璧を求められるシステムエンジニアとしての職種に馴れず、精神的ストレスに長年悩む。35歳で退社後、コンサルティング会社に転籍。その後、目標の2倍の”予材”を積み上げて目標を絶対達成させる「予材管理」というマネジメント手法を開発。大ざっぱではあるものの、わかりやすいメッセージが爆発的にウケ、NTTドコモ等の大企業から中小企業にいたるまで「予材管理」を採用する企業が続出。3大メガバンク、野村證券等でも実績がある企業研修は基本的に価格がつけられず「時価」。にもかかわらず、研修依頼はあとを絶たない。常に8か月先まで予約が埋まっている。現場でのコンサルティング支援を続けながらも、年間100回以上の講演実績は6年以上を継続。メルマガは3.5万人の企業経営者や管理者が購読。日経ビジネスオンライン、Yahoo!ニュースのコラムは年間2000万以上のPVを記録する。全国をネット中継するモンスター朝会「絶対達成社長の会」は、東京、名古屋、大阪、福岡など5ヶ所で展開し、”絶対達成”をスローガンにした起業家や若手経営者を500名以上動員する。ベストセラー「絶対達成する部下の育て方」「絶対達成マインドのつくり方」「空気で人を動かす」をはじめ、ほとんどの著書の翻訳版が、韓国、台湾、中国で発売されている。



















企業情報 個人情報について