ノンフィクション/ビジネス
JALで学んだミスをふせぐ仕事術
JALで学んだミスをふせぐ仕事術

小林 宏之 著
ISBN
978-4-7973-9508-2
サイズ
四六/1色
ページ数
208
価格
1400円+税
出版日
2018/02/21
電子版を購入
試読版
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


ミス=人命の企業のミスをふせぐ方法とは?


JALで行われている、仕事のミスのふせぎ方教えます!

ミスが人命にかかわる仕事、それが航空会社の仕事。
そんな航空会社では、どのようにしてミスをふせいでいるのか?
JALのパイロットとして、飛行時間18500時間。
JALが就航していた海外全路線を無事故で飛び続けた
ベテラン機長が教えるミス回避の仕事術。

■目次:
第1章 JALスタッフは最大の「準備」でミスをふせぐ
第2章 JALスタッフはチームの力でミスをふせぐ
第3章 JALスタッフは心とカラダを整えてミスをふせぐ
第4章 JALスタッフはミスが起きたらどうするか?



小林 宏之(こばやし ひろゆき)
1946年、愛知県新城市生まれ。1968年、日本航空株式会社に入社。
以来42年間、一度も病欠などでスケジュールの変更なく飛び続ける。
乗務した路線は、日本航空が運航した全ての国際路線と主な国内線。
総飛行時間18500時間。
社内略歴として、飛行技術室長、運航乗員訓練部副部長、運航安全推進室長、
運航本部副本部長、広報担当役員付広報部長を歴任。
その他、首相特別便機長、湾岸危機時の邦人救出機機長など。
2008年には、「高度一万メートルからみた地球環境」というテーマで、
新聞、テレビ、ラジオ、雑誌などのメディアに出演。
2010年3月退社時のラストフライトはマスコミの話題となり、新聞・テレビ
などで特集が組まれる。
日航退社後は、危機管理・リスクマネジメントの講師として活躍する傍ら、
航空評論家としても活躍中。















企業情報 個人情報について