発売日 2005年09月26日(月)

僕らは星のかけら
原子をつくった魔法の炉を探して

著者名:マーカス・チャウン(著者) 糸川 洋(訳)

¥900(税別)

ISBN:
4-7973-3244-1
サイズ:
5AA3B78E-096B-4158-89BA-AE92987F042A
ページ数:
448
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・マーカス・チャウン

訳・糸川 洋

2005年は、世界物理年。アインシュタインの奇跡の年から100年が経ったという意味で、世界的に制定された物理の年です。若い人の理科離れが叫ばれて久しい昨今、こんな機会にこそ、良質の一般科学読み物で科学への興味をよみがえらせるべく、弊社でも何かしら貢献したいという思いから、本書の文庫化に取り組むことになりました。著者のマーカス・チャウン氏は、本書の前著”Afterglow of Creation”(創造の残照)という本で、1994年のGlaxo Wellcome ABSWサイエンスライター大賞を受賞しています。本書では、人間を含め、地上のすべての物質を構成する”原子”という存在の発祥に注目し、科学者達がいかにして、宇宙の歴史を紐解いてきたかを概観できるよう、SFを凌ぐ面白さで科学史・宇宙論を展開します。私たちは単なる比喩ではなく、文字どおり「星のかけら」であり、身体の中にはビッグバンから超新星爆発にいたる宇宙の歴史が刻まれているのです。文庫というポケットサイズで廉価になりますので、中学・高校・大学生など、広く多くの方々に手にしていただきたい科学読み物です。

Twitter

Unable to load Tweets

  • harass

    科学啓蒙書の再読。元素構造の解析から始まる科学者たちの発見の歴史を語る。太陽の熱と光は何なのか、といった素朴な疑問へにどのように答えを出していったのかや、元素の根源的な発生過程はどのようなものかを論証した科学者。天才や思いつきの仮説と検証のサイクルの繰り返しが科学であるが、理論だけで、遠く・小さくて見えないものの構造を思いつくものだと感心する。やや難しいところがあるが実にセンス・オブ・ワンダーなワクワク感に満ちた読み物。文系の自分にはあっけにとられてしまった。宇宙そのものの誕生まで論じられるからだ。名著。 続きを読む

  • ヨクト

    これは科学啓蒙書として本当に素晴らしいと思う。たしかに難しい、ぼくも理解が及んでいない部分も多いが、これ以上簡略化するとこの科学探求の面白さを半減させることとなる。原子の発見、原子より小さい要素の発見、原子の発生源、太陽の科学、宇宙の科学。宇宙137億年の歴史は未知に溢れ、その分だけ科学の物語がある。そんなことを感じさせてくれる素敵な本だ。 続きを読む

  • chiru

    子供の本。人類が、原子の謎を発見し解明するまでを辿る、科学史。謎を解明しようとする科学者たちの努力にエールを送りたくなるし、タイトルからわかるようにロマンチックで哲学的。子供は、宇宙に存在し、すべての生命体の構成材料である「炭素」に一番興味があるそう。宇宙の謎の魅力に、人間はいつまでも惹きつけられるんだろうな。★5 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品

発売日2016年02月23日(火)

発売日2016年02月23日(火)

発売日2016年01月21日(木)