発売日 2014年05月17日(土)

ゲームウォーズ(下)

著者名:アーネスト・クライン (著者) 池田真紀子(訳)

¥780(税別)

ISBN:
978-4-7973-7382-0
サイズ:
文庫
ページ数:
344
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・アーネスト・クライン 

訳・池田真紀子

アーネスト・クライン(Ernest Cline)
簡単料理専門コック、魚さばき職人、ビデオショップのエリート店員、テクニカルサポート・ロボットなどを経験するも、それら前途有望なキャリアをすべて投げ打ってギーク(おたく)活動に専念することを決意。以来、ポップカルチャーへの愛を映像と文字に注ぎ続けている。脚本を担当した映画『ファンボーイズ(2008年)』(『スター・ウォーズ』のパロディやオマージュが随所に盛り込まれている)は、公開されるやいなや熱狂的な支持を受けた。他にも、ゲームをテーマとしたドキュメンタリー・フィルムの制作のほか、俳優としても活躍している。小説は本書がデビュー作。現在は妻と娘、クラシック・ビデオゲームの膨大なコレクションとともに、テキサス州オースティンに暮らす。

池田真紀子
英米文学翻訳家。ジェフリー・ディーヴァー『ボーン・コレクター』、パトリシア・コーンウェル『死層』、フィリップ・カーター『骨の祭壇』、E・L・ジェイムズ『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』など、訳書多数。

Twitter

  • 海猫

    下巻は語り口に疾走感が出て、上巻以上にぐいぐい読ませる。終盤は展開の持っていきようが上がるわ、クライマックスは巨大ロボ対決になるわ、さらにはあのヒーローが見せ場をさらうわ、こんなんされたらたまりませんわ。勧善懲悪的に綺麗な終わり方が気持ち良し。ヤングアダルト小説の定番に収まるのもスッキリする。VRテーマのSFとしても快作。読むのが遅くなったが、映画の公開もすぐなので劇場でも楽しんでくることにいたします。 続きを読む

  • ヨーイチ

    80年代文化とゲームと来れば面白く無いわけが無い、しかし懐メロと同じで「有った、有った」止まり。思い入れの深さと思い出も悪い物ではないのだが。SF的に作者の設定した近未来が無理筋とは言え(引きこもりが英雄に成れる)興味深かった。仮想現実内の通貨が現実よりも力を持っている、って世界。貧富の差は現在よりも拡大していて下層階級ほどバーチャルリアリティのゲーム世界に依存している社会ってのは結構恐ろしい未来って気がした。続く 続きを読む

  • 眠る山猫屋

    電脳世界の創造者の遺産を巡る物語。なかなか二つ目の鍵が見つからない主人公にイライラしつつ、孤独に生きてきたパーシヴァルが人間関係に悩む姿にちょっぴり同情。抜きつ抜かれつの探求レースをパーシヴァルが制するのは必然としても、エイチの正体が可愛かった。マニアックな映画やゲームやロック、更には日本文化に目眩を覚えつつも、非常に読みやすい流れでハッピーエンド。読後感は良い。それにしても、ブレードランナーからメカゴジラ、ライディーン。日本版実写スパイダーマンまで出てくるなんて! 続きを読む

すべてのレビューを読む