発売日 2006年12月15日(金)

ジョン平とぼくと2 ジョン平と去っていった猫

著者名:大西科学(著者) 銀八(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
4-7973-3912-8
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
304
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・大西科学

イラスト・銀八

Twitter

Unable to load Tweets

  • ソラ

    出版社からのコメント 高校二年から三年に上がる前の春休み。 昼ご飯から戻ってきた重とジョン平が化学室のドアを開けると、そこには見慣れない女の子が立っていた。 岡崎三葉と名乗った女の子は、追っ手からかくまってほしいと二人に告げる。そのあまりに浮世離れした話に呆然としつつも、その場の流れと友人達の意見により、不承不承自宅に連れて帰る重。だが、翌日化学室に現れたのは、果たして追っ手とおぼしき男と、その使い魔だったのだ! 続きを読む

  • miz

    回数券についての語りが長いけど、不思議と読んでられる。 続きを読む

  • m-bird

    タイトルと途中の出来ことで、大体のオチは判ってしまうのだけれど、それでもこの作品は容赦無く物語を進める。けれど、変に大団円のハッピーエンドにするよりかは、そちらの方が誠実な作品なのではないかとも思う。昨今のライトノベルの状況をみて。 続きを読む

すべてのレビューを読む