発売日 2007年06月27日(水)

数学ガール

著者名:結城浩(著者)

¥1,800(税別)

ISBN:
978-4-7973-4137-9
サイズ:
A5/1色
ページ数:
344
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・結城浩

Twitter

  • Kawai Hideki

    数学好き高校生男子が主人公の数学ファンタジー。ファンタジー部分はやたら甘いが、数学部分は結構本格的で驚いた。特に何かを証明したり、何かの定理を導出することが目的ではなく、主人公たちが数式をいじくって遊んでいると、テイラー展開やバーゼル問題など、様々な数学の有名問題ができてしまうという構成。数式と戯れる感覚がちょっと懐かしかった。大学時代、無限級数展開にはお世話になったが、ほとんど公式集から引用するような使い方しかしていなかったので、今回、その導出の考え方が分かって面白かった。 続きを読む

  • 新地学@児童書病発動中

    高校の数学の問題を一人の少年と二人の少女が解いていくお話。数学と小説という水と油のような要素を、混ぜ合わせる手際の良さに惚れ惚れした。学生時代にこれを読んでおけば、数学嫌いを克服できたかもしれない。実際この本を読むと、数列のような難解なことがすらすら頭の中に入ってくるような気がするから面白い。(たぶん気がするだけで、深いところは分かっていないのかも。苦笑)。登場人物の中では数学が分からないことを素直に口にするテトラちゃんが可愛くて、感情移入して読めた。 続きを読む

  • kaizen@名古屋de朝活読書会

    素敵で、面白いお話がいくつかつづられています。 なにげなく時間のあるときに読むのに適しています。 多少わかりにくい事項もありました。 1 wのワルツは、 一見等比数列だとわかりました。  何でワルツかというと、3乗すると1になるからでしょうか。 2 あふれる疑問は、  (a+b)(a-b) = a2-b2  (x+y)(x-y) = x2-y2 ab,xyのどちらでかくのがいいか。答えがわかりませんでした。 続きを読む

すべてのレビューを読む