発売日 2019年11月25日(月)

数学ガールの秘密ノート/学ぶための対話

著者名:結城浩(著者) たなか鮎子(イラスト)

¥1,500(税別)

ISBN:
978-4-8156-0399-1
サイズ:
46判
ページ数:
304
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・結城浩

イラスト・たなか鮎子

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • キリル

    帯に激しく同意する本。今回は数学に関するネタはおまけで、メインはタイトルの通り対話を通した学びについてだと思います。分からないことが何か分からないからとりあえず暗記で乗り切るというノナの姿勢に痛く共感。でもそんなうわべで乗り切ったところで、その本質をしっかり見てあげられなかったのでは友達になれなかったのは当然とも反省しました。分からなくてもわずかにでも自分の言葉として表現することが理解と友達になるための第一歩なのだと思いました。自分の中に先生と生徒の二人がいるという考え方はいいなと思いました。 続きを読む

  • hippos

    数学が嫌いになるきっかけは先生、親・友だちなどとにかく些細な一言からはじまるのかもしれないな。ノナにイラッとすることがあった僕も気をつけないといけない。 「理解」と「納得」。大事だと思いました。 続きを読む

  • 鳩羽

    ユーリの友達ノナが、数学の話を聞きに「僕」とところへやってくる。しかしノナは、ユーリやテトラのように、打てば響くような数学への興味や理解を示さない。暗記が必要かどうかばかりを気にし、分かっていなくても分かったと言い、一つの事に気を取られてしまえばその後のことは耳に入らない…。教える側の「僕」が困ってしまうようなノナの態度だが、その態度がどうして生まれてしまったのかは、読者にとってさほど難しい問いではないだろう。分からないことを分からないと立ち止まり、自分の理解を分析できる対話の時間の豊かさを思い出せた。 続きを読む

すべてのレビューを読む