発売日 2018年10月17日(水)

数学ガールの秘密ノート/行列が描くもの

著者名:結城 浩(著者) たなか鮎子(イラスト)

¥1,500(税別)

ISBN:
978-4-7973-9530-3
サイズ:
四六
ページ数:
336
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

書籍関連ニュース

著者紹介

著者・結城 浩

イラスト・たなか鮎子

結城浩 1963年生まれ。
プログラミング言語、デザインパターン、暗号、数学などの分野で入門書を執筆。
代表作は『数学ガール』シリーズ。
J.S.バッハの「フーガの技法」が大好きな、プロテスタントのクリスチャン。
2014年度日本数学会出版賞受賞。

Twitter

  • takaC

    この秘密ノート第10巻(11巻?)はまだ買えていないので図書館から借りてきて読んだ。ミルカさんが登場た辺りから脳内で演習するのが難しくペンと紙が必要となり進みが遅くなった。 続きを読む

  • えも

    今回は行列。表題のとおり、行列とは本質的に何なのか、何を表し、何に使うものなのかに言及している▼こうしたアプローチがこのシリーズのいいところだよね▼でも息子が言っていたように、今回は 場面転換が少なくて、おおっ!っていう所が少なくて、ちょっと平板だったかな。 続きを読む

  • キリル

    今回のテーマは行列。数が並ぶと何が始まるのか?計算練習が始まるのです。見たところ「数が集まったなにか」な行列を一応基礎からどのように活躍しているのかまで説明してくれてます。数と似ているようでちょっと違うところもある行列。積の計算とかややこしく感じるところもありますが、ベクトルを始めいろいろな分野と関わりがあって面白いなぁと思いました。線形変換はプログラミングで少し学んだことがありましたが、読んでみてあのときの行列が「変換というものを表していた」ということが分かりました。座標平面は偉大。 続きを読む

すべてのレビューを読む