発売日 2008年03月11日(火)

眼鏡なカノジョ

著者名:TOBI(著者)

¥560(税別)

ISBN:
978-4-7973-4705-0
サイズ:
3FDBDC27-F15A-41EB-BD35-2BED8DD38792
ページ数:
160
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・TOBI

Twitter

Unable to load Tweets

  • 青春を描いた作品

    5.0
    taroimo

    タイトル通りヒロインは全員眼鏡をかけています。一話完結型で二話毎に1ページの(1コマの)後日談的なものがあります。全八話。第一話:眼鏡嫌いな後輩と眼鏡を外そうとしない先輩の日常第二話:変装したアイドルと喫茶店員のデート第三話:水泳部エースと彼女を支える部員の関係第四話:眼鏡屋店員に惚れた男の告白劇第五話:お節介な学級委員長と不真面目なクラスメイトの青春第六話:彼との関係を不安に思う彼女の変わった独占欲第七話:彼女と喧嘩した男が正義感の強い小学生に励まされる話第八話:敵視される男子と変わった女子の青春個人的には五話と六話が好きです。何かとお節介を焼く委員長と不真面目な男子のやり取りが楽しいです。夢が大きい委員長の今後が気になります、意外とおバカだし(笑)。ちなみに五話のヒロインは素顔が見えません。六話の彼女の心情がとても可愛らしく癒されます(人によっては引くかもですが)。彼を知りたいという想いが良いですね。三話以降の眼鏡の解説もあります。あとがき漫画には作者の天然ぶりや、各話の裏話的なものもあって良いです。全体的にほのぼのした感じの青春漫画。恋愛に発展するのかしないのか、という感じが作品の良さを出してると思います。

  • 5.0
    誰だ

    この作家さんの作品、初めて読みました。女性なんですか?とても読みやすい、ふんわりとした絵柄で好印象です。オムニバスなので、メガネ萌えの幕の内弁当やー!的な満足感があります。どのストーリーの女の子も可愛い。個人的には第5話のぐるぐるメガネの子が好きwメガネ萌えさんなら買っても損はないでしょう。

  • 眼鏡モノでない方にもオススメできます

    5.0
    電気屋

     タイトル通り、とっても眼鏡な恋愛オムニバス短編集。 特筆すべきは主人公はいずれも眼鏡モノではなく、その恋愛感情自体には眼鏡は何の働きもしていないって点。物語そのものには眼鏡はからんでないのね。だから、特段メガネスキーでなくても本書の物語自体はふつーに楽しめると思う。 では眼鏡はいかに登場してるかっていうと、物語の小道具としてだけなんだけど、それがもうね、実に見事なんでございますのことよ。もうね、悶絶です。 この、語られている感情の流れそのものにおいては小道具でしかないっつうその一歩引いたスタンスが実にイイ!あからさまに「メガネ萌え〜」とか叫んじまったりしないその奥ゆかしさがもうたまらん!! 眼鏡に思い入れのない方にはこうしたヨロコビはないでありましょうから、その場合には残念ながら結構よくできた恋愛マンガという程度にとどまり、オススメはできますが★四つ程度が妥当ということになるでしょう。 が、もしアナタに眼鏡というアイテム自体にコダワリがあるというのなら、もうひっくり返っちまうくらいの激萌え必定の作品集です。迷わず買うべし。

すべての6レビューを表示

  • 牧野由依さんのYui Makino Concert~twilight melody~に参加するオジャ

    フォロワーさんからの薦めで読んでみた。良い感じのテーマなのに痒い所に手が届かない感じがもどかしくて惜しい。最初に一戸綾の看板見て名前言ってたのに本人の顔見て誰?はねーよと思った。透き通る心は割りとストレートなラブコメで面白かったです。 続きを読む

  • オ・ノーレ

    眼鏡になりたい 続きを読む

  • 海老庵

    特定層をあからさまに狙ってる本だけど見事に釣られたよ。期待通りだったので後悔はしていない。 続きを読む

すべてのレビューを読む