発売日 2009年01月28日(水)

お金と引き寄せの法則
富と健康、仕事を引き寄せ成功する究極の方法

著者名:エスター・ヒックス、ジェリー・ヒックス(著者) 吉田利子(訳)

¥1,700(税別)

ISBN:
978-4-7973-4990-0
サイズ:
483249EC-8045-4953-B9C8-FA32EFC8092C
ページ数:
384
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・エスター・ヒックス、ジェリー・ヒックス

1986年、エイブラハムと名乗る存在から受け取った言葉を親しい知人に語り始める。その言葉が自分たちだけでなく、多くの人々の役に立つと知り、エイブラハムの教えを幸せな人生を送りたいと願う人に届けようと決意。1989年以降、テキサス州サン・アントニオのカンファレンス・センターを拠点に全米50以上の都市でワークショップを開催し、エイブラハムの「引き寄せの法則」の教えを広めてきた。 2011年、ジェリーは見えない世界に旅立ち、現在、エスターはこの世の友人たちと、見えない世界のエイブラハムとジェリーの助けを借りて、エイブラハムのワークショップを開催し続けている。エイブラハムに関する著書、カセットテープ、CD、ビデオ、DVDなどは700以上あり、日本では『引き寄せの法則 エイブラハムとの対話(SBクリエイティブ)などの引き寄せの法則シリーズがベストセラーとなっている。

訳・吉田利子

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

  • これ一冊で十分

    5.0
    siotaro

    キンドル版が出るのを待っていましたが、ついに出ましたね。これまでエイブラハムの引き寄せ本は何冊か読んでいましたので、内容的には重複するところもあります。まったく同じたとえ話なども出てきますが、だからといってこの本の価値が損なわれているというわけではありません。タイトルは「お金と引き寄せの法則」ですが、お金、健康、仕事、が同じくらいのボリュームで書かれているので、自分が一番気になるところを重点的に読めばよいと思います。重要なこととして、行動よりも波動の努力、ということが繰り返し述べられています。波動の努力というのは何かといえば、願望と感情を一致させるということです。普通、人はお金が欲しいと思ったとき、それはポジティブな感情のはずだと思いますが、エイブラハムに言わせると、ほとんどの人がネガティブな感情を持っているというのです。そのため、お金が欲しいと強く願っているにも関わらず、それとは反対のこと、つまりお金の欠乏が引き寄せられてきてしまうのです。ネガティブな感情になってしまうのは、願望が次のような感じになっているからです。「お金が欲しい・・でも自分には手に入らない。能力がない。当てがない。」このような感情の状態では、いくら願ってもお金が手に入らないという状態が引き寄せられてしまいます。そこで、エイブラハムは、それをポジティブな感情に変えていこうと提案するのです。有効な方法として、「お金が欲しい。なぜなら・・」と、理由を考える方法。「たくさんのお金があったらこんなことが出来る」という風に、お金があったらこんなことがしたいという使い道を考える方法が挙げられています。そのようにして波動を調整することで、たとえ現状ではお金が十分にないとしても、「お金がたくさんある」という願望がかなった状態に移行することが出来、結果として、引き寄せの法則が働いてお金が手に入るということのようです。ネットにあふれる引き寄せ関連の言説では、とにかく行動が大事、(行動の)努力をしないと意味がないという、完全にエイブラハムの教えとは反するようなことが書かれていたりしますが、重要なのは波動の努力だということですね。

  • 最高の一冊

    5.0
    Amazon カスタマー

    今まで読んできたスピリチュアル系の本は、最初こそ惹き込まれるものの、途中から矛盾と言うか不快感を感じて、最後まで読むに堪えないものが多くありました。しかしながら、エスター・ヒックス氏の著書は、それらとは異なり、心からそうだったと思い出す(納得する)話ばかりなのです。若い頃の経験と重ね合わせると、納得する事ばかりなです。多くのスピリチュアル系の本が、『行動』の必要性を強調しますが、この本は『思考』の力が『行動』に勝ると説きます。個人的な事ですが、多くの本に『行動しろ、行動無くして夢の実現は不可能だ』と急き立てられると、とても不快な気分になります。精神的にも肉体的にも、行動したくとも、常に行動出来るとは限らない状態にあるからです。行動したくても行動できな人も多々いると思うのです。そういう人は、夢や願望が叶えられないのでしょうか?救われないのでしょうか?それでは、あまりに不公平です。ですから、同じ思いで悩んでいる人にも、是非本書を読んで、希望を取り戻して欲しいと心から願って止みません。一人でも多くの人に読んで欲しい一冊です。

  • 流れだと 理解出来る 一冊です

    5.0
    プー(pooh)

    引き寄せるという意識よりも 本流に乗るという意識こそが 結果として 引き寄せると良くわかりますね。

すべての97つのレビューを表示

  • 更紗

    「明るくていい気分」でいることがいかに重要なことか、しつこいくらいに繰り返されている。物事の肯定的な面をとらえ、明るくていい気分へと常に持っていきたい。 続きを読む

  • 文吾

    ★★/図書館本。とくに面白くなかったけどまた今度時間ある時に再読してみる。前向きでいたら幸運もやって来るし、自分の不幸を悲しんでばかりだと良くない状況を引き寄せるよってことでしょうか。宇宙とか波動とか出てくる本。 続きを読む

  • ちゃんいー

    明るくていい気分になることが何より大事だと。ほとんどこれしかいってない。 続きを読む

すべてのレビューを読む