発売日 2008年12月11日(木)

マップス 愛蔵版 (2)

著者名:長谷川 裕一(著者)

¥1,680(税別)

ISBN:
978-4-7973-5111-8
サイズ:
A335B050-BE72-46BD-BC69-1B57AA476EAC
ページ数:
672
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・長谷川 裕一

Twitter

Unable to load Tweets

  • 悔しいけれど買ってしまう

    4.0
    しましましっぽ

    値段高っ!ということでしばらく静観しておりました。店頭でも1、2巻がずっと売れ残っていたし・・・。けれど作品のファンとしては無視しきれるわけもなく、臨時収入を機会につい購入してしまいました。コミック全巻残っていましたけれど、やはり大判は読み応えがあって分量も多いのでじっくり読めてこれはこれで良いなぁと。解消できない不満としては、でかいので片手で持てなくて読みづらい・・・。いや、二律背反なのでどうしようもないですが。悔しいですがこれも全巻揃えることになると思います。あと500円安かったら割高感も無かったと思いますし、これくらいのカラーでこの値段はやはり高すぎだとは思うのですが、今の流行ではなく部数も見込めないでしょうから固定ファン向けということかな。けれどこの値段では知らない人に勧められないので、これはこれで悔しい。絵柄は古いですが今でも通用するエンターテイメント作品であることは保証します。慣れると気持ちの良い線ですし、この人SFが大好きなんだなぁと感じられる王道スペースオペラです。「どんな立場であっても困っている女の子を助けようとしなければ男じゃないだろう」とか「絶対死んだなという状況でどっこい生きてる主人公」みたいな展開もある意味王道で良し。(笑)かつてのファンなら揃える価値はあります。まだ未読の人は・・・これを購入したおかげで不要になって処分された前コミックや文庫の古本を買いましょう。余り内容に触れるとネタバレになってしまうし、大雑把に書くとありがちというか使い古されたような内容にしかならないという、伝えるのが非常に難しい作品ですが、昨今のファンタジーや学園モノとは違ったワクワク感が得られます。未読の人こそぜひ試してもらってファン層を広げたいですね。

  • 4.0
    つか

     シリーズ第2巻です。 ノーラコミックス版4巻の『伝説の終焉』〜7巻『正しい選択』までが収録されています。伝承族の計画が明らかになったり、胸を貫かれちゃったり、仲間が増えちゃったり、何だかんだと戦いの輪がどんどん広がっていく所ですね。寄稿イラストは、巻頭カラー:うるし原智志さん、巻末:あろひろしさん、杜講一郎×さくらあかみ、こいでたくさん。カッコいいのからカワイイ(!?)のまでバラエティがあって、これはこれで見ていて楽しいですよ。ちなみに、リアルタイムで読み始めたのがこの頃だったので、個人的には一番印象深いところでもあります。

すべての2レビューを表示

  • 白義

    最初は小悪党キャラだったガッハの大化けっぷりが凄い。死の商人という顔の影に隠していた、鉱物生命体ゆえに他の炭素系生命に蔑まれ、いいようにされてきたマイノリティとしての苦しみ、同族への思いから気を張り、独占欲を持ってしまった男という、ゲンの正義感や真っ直ぐさの対極にあるキャラクターだからこそ、意地でも自分の流儀で向き合うゲンの強さバカさがアピールされる。ダードは初登場時は完璧にただのお邪魔キャラで笑える。本当にこの時点のストーリーからしたら出なくてよく見えて不思議じゃないと思う 続きを読む

  • 北白川にゃんこ

    銀河まるごと生贄砲!つまり伝承族より強い奴が居るって事かよ!宇宙すげーな! 続きを読む

  • exsoy

    ノーラ版が見つからないのでこちらで。流星の話がよいなーすごくよいなー。 続きを読む

すべてのレビューを読む