発売日 2011年07月16日(土)

[Si新書]マンガでわかる神経伝達物質の働き
ヒトの行動、感情、記憶、病気など、そのカギは脳内の物質にあった!!

著者名:野口哲典(著者)

¥952(税別)

ISBN:
978-4-7973-5991-6
サイズ:
新書/フルカラー
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・野口哲典

Twitter

Unable to load Tweets

マンガでわかる神経伝達物質の働き"]
  • とても分かりやすい本

    5.0
    にゃはは♪

    他の方がおっしゃるように「マンガ」ではありません。しかし、完全にマンガよりも、私自身はこの方が分かりやすいと感じました。完全に漫画にしてしまうと、余計に分かりにくくなると思うんですよね。この本を読む前に、普通の神経伝達物質の本や目で見るからだのメカニズム程度は目にしておいて、そして「わからな~い」という状態になっているレベルの人には、絶対お勧めの一冊です。いかんせん、専門用語を全く知らない人からすると、チンプンカンプンかもしれません。分からない状態からのブレイクスルー本としてお勧めします。良書ですよ。

  • 5.0
    Ko ya

    ホルモンについて知りたかったので、神経伝達物質とホルモンの本をセットで購入しました。この本は漫画と文章の五分五分構成で、漫画の部分だけ読むだけでも十分な場合もあったのですごく速く読み終えました。漫画の表現が分かりやすく、特に漫画のおかげでネガティヴ感情がどうして引き起こされるのかが、知識として理解できたので満足です。

  • すごく楽しいです

    5.0
    Amazon カスタマー

    ただ今、半分弱読みました。とにかく読みやすい!そして内容が濃い!わたしは医療の専門家なのですが、充分期待に答えてくれました。イラストの女の子が可愛いので、仕事帰りに読んで癒されています。

すべての35レビューを表示

  • 眞鍋 かをり

    人間が何をどう感じ、どんな気分で過ごすかは脳の中の神経伝達物質に左右されているという事実。健康的かつ合法的に神経伝達物質をバランス良く分泌させることで、生きる上での幸福感を得られるのだと思った。落ち込んだり、イライラしたりすることは誰しもあるが、これを意識するのとしないのとでは大違い。 続きを読む

  • 仲本テンカ

    「心」を論理的に語るのに必要な脳内物質の知識が、分かりやすく手に入る良書でした。「あー、ヤバイヤバイ。今、ノルアドレナリン神経系が異常興奮しているよ」とか、言えるようになりました。気持ちをかっこよく(?)言語化できるようになると、ホッとしますね。 続きを読む

  • センケイ (線形)

    このシリーズは意外にしっかり書いてある、とご助言下さったかたに感謝。その総合的な役割から、よく耳にする著名な伝達物質のそれぞれの違いまで、知りたいと思っていたことが一通り明らかにされ、満足度が大きい。どの項目も必ず文章で内容が書かれており、それを補足するために図が補われるというスタイルで、知識の吸収をこれでもかと助けてくれる形。神経伝達物質に特化した本は他に多くは無いため、そこを補ってくれているのも大変ありがたかった。 続きを読む

すべてのレビューを読む