発売日 2011年07月16日(土)

[Si新書]マンガでわかる神経伝達物質の働き
ヒトの行動、感情、記憶、病気など、そのカギは脳内の物質にあった!!

著者名:野口哲典(著者)

¥952(税別)

ISBN:
978-4-7973-5991-6
サイズ:
新書/フルカラー
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・野口哲典

Twitter

Unable to load Tweets

マンガでわかる神経伝達物質の働き"]
  • 眞鍋 かをり

    人間が何をどう感じ、どんな気分で過ごすかは脳の中の神経伝達物質に左右されているという事実。健康的かつ合法的に神経伝達物質をバランス良く分泌させることで、生きる上での幸福感を得られるのだと思った。落ち込んだり、イライラしたりすることは誰しもあるが、これを意識するのとしないのとでは大違い。 続きを読む

  • 仲本テンカ

    「心」を論理的に語るのに必要な脳内物質の知識が、分かりやすく手に入る良書でした。「あー、ヤバイヤバイ。今、ノルアドレナリン神経系が異常興奮しているよ」とか、言えるようになりました。気持ちをかっこよく(?)言語化できるようになると、ホッとしますね。 続きを読む

  • センケイ (線形)

    このシリーズは意外にしっかり書いてある、とご助言下さったかたに感謝。その総合的な役割から、よく耳にする著名な伝達物質のそれぞれの違いまで、知りたいと思っていたことが一通り明らかにされ、満足度が大きい。どの項目も必ず文章で内容が書かれており、それを補足するために図が補われるというスタイルで、知識の吸収をこれでもかと助けてくれる形。神経伝達物質に特化した本は他に多くは無いため、そこを補ってくれているのも大変ありがたかった。 続きを読む

すべてのレビューを読む