発売日 2012年05月30日(水)

数学ガール/ガロア理論

著者名:結城 浩(著者)

¥1,900(税別)

ISBN:
978-4-7973-6754-6
サイズ:
A5/1色
ページ数:
472
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・結城 浩

  • 公式リンク :
@hyuki
ツイートを見る
Twitterが更新されて「指定ツイートの引用リツイート」が見やすくなったようですね。「指定ユーザのツイートの引用リツイート」を見たい場合には、こちらが便利です。  * * * 引用リツイート検索 https://t.co/gdSVPeLpvk

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

  • 数Ⅱを理解している数学好きにとって群論を理解する良書

    5.0
    おじ

    文系出身者の趣味数学として読んだが、難解な群論が分かりやすく解説されており、良書に出会った気分です。『数学ガール』シリーズは純数学を素人向けに丁寧に解説してくれているので、数学の美しさを知る入門書として素晴らしい。理数系の趣味本としてはブルーバックスからも各種の秀逸本が出ているが、ブルーバックスでは理論の証明部分が省略されている事も多く、「理解を深めたい」読者にとって不足を感じる場合がある。殊に群論のような「数学の土台」とも言える理論に関しては納得のいく証明が知りたい訳で、そんな読者に対して教科書・参考書的にキチンと説明してくれているところがこの本の優れているところだと思う。ただし高校数学のⅡBに触れたことの無い人にとってはチンプンカンプンだと思う。その意味では読者を選ぶ本ではある。そもそも群論は理系学部の大学生が教養課程で学ぶジャンルなので、数Ⅱに対する一定の知識がないと難しいかな(数Ⅲの知識があればベターだが、必須ではない)。数学は究極の抽象理論であり、かつ曖昧さを許さない学問なので、やっぱり高校数学が解っていないと読解は厳しい。ただし『数学ガール』シリーズでは(数学が得意な)高校2〜3年生が(数学センス抜群の)中学3年生に説明する形式で話が進むので、「中学数学なら完璧です」と自負する読者ならばシリーズを通読する事で理解できるかもしれない。そんな読者は間違ってもこの『ガロア理論』の巻からスタートしないで欲しい。(きっと数学嫌いになってしまうと思う)『数学ガール』シリーズは一般人向けの正統な数学教科書なので、ほとんどの公的図書館の開架書庫に置いてある。しかも何故か借り出しされずに棚に並んでいるので、図書館で手にとって見てみると良い。一瞥で「無理」と思う人も多い反面、引き込まれる人は結局購入している様で、それがいつも図書館に残っている理由なのかもしれない。内容が深いので、丁寧に読むには時間がかかり、読後も手元に置いておきたい本でもある。この本をきっかけとして群論の理解が深まれば、高校数学で習った各種の単元がいきなり有機的に結び付いて、美しい数学世界に触れることができると思う。

  • がロア理論の大まかさを伝える重要な本

    4.0
    Amazon カスタマー

    読み物風でいて重要な個所はきちんと押さえた優れものですね。いままでガロアの何を伝えようとしてるのか,さっぱりわからない本ばかり選んでアマゾンで購入してしまった,膨大です。この本は示唆するところが的確ですね。例えば置換に関して,対称式との関連では,これからこの意味するところが重要だと示唆してるのでたすかります。つまりは説明してるところの物の行く先にはとっても大事な概念がありますよ,と暗示してる且つ高校生でもわかる説明がいい。いままで,ブルーバックスや頂を踏むやこれでわかるガロア,を読んでもピンとこないが,この本はまさしくピンとがあってる本ですね。ガロアの深いところは,わからないかもしれないけど,わかるという目的にピンと合わせには十分なものですね。また読み終えたら投稿しましょう。ぞいか。

  • 難解な理論を手軽に読める

    4.0
    taka

    500頁近い本書を持ち運ぶ必要がなく、読みたくなったらどこでも、いつでも読める手軽さは、電子書籍の便利さ。ただでさえ難解な理論であるが、具体的な例をあげてわかりやすく説明しようとされている本書の内容自体の魅力に加えて、行き詰っても、あとで気が向いたときに読むと理解できたりする電子書籍の手軽さがあって、今度は読破できそうな気がする。ページフォームが固定されているため、iPhoneの画面で読むと字が小さくなってしまうのがやや難。iPad mini等で読むのがおすすめ。

すべての22つのレビューを表示

  • takaC

    リベンジのつもりで挑んだけど途中で力尽きた。 続きを読む

  • takaC

    これまでこのシリーズは極力数学部分も理解して納得してから先に進むように心がけていたがこの巻は手強く、ただ読んだだけで先に進んだ節が多かった。無念。 続きを読む

  • にくじゃが

    このシリーズを読むたびに、数学のおもしろさがまっすぐに伝わってきます。数式を見て綺麗だと思えるような「理系」の数学の先生から、「文系」の私が借りた本。受験のために、勉強している今だから読みたいと思いました。モノクロに見えていた世界がカラフルに。とてもとても理解したとは言えないけれど、「思考」、「試行」の大切さはしっかりと伝わってきました。なぜ、進学するか。本質を見誤るな、私。いつか…いつかわたしも彼らと同じ景色を見ることができる日がくれば。 続きを読む

すべてのレビューを読む