発売日 2012年09月19日(水)

アトランティス殲滅計画を阻め!(下)

著者名:アンディ・マクダーモット(著者) 棚橋志行(訳)

¥760(税別)

ISBN:
978-4-7973-6790-4
サイズ:
文庫
ページ数:
424
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・アンディ・マクダーモット

訳・棚橋志行

アンディ・マクダーモット(Andy McDermott)
1974年、英国ウェストヨークシャー州生まれ。ジャーナリスト、編集者などを経て2007年11月に本書でデビュー。以降、一貫してニーナ・ワイルドとエディ・チェイスを主人公に、世界的な歴史の謎の解明に挑む冒険スリラーを7作刊行。作品は世界30カ国、25言語で出版されている。

Twitter

Unable to load Tweets

  • なかなか楽しく読めます。

    3.0
    ペンギン

    物語のテンポは良くて、さくさく楽しく読めます。アトランティスとかもわくわくさせてくれます。まるでインディジョーンズの冒険みたいです。 ただ、個人的にはもうちょっと、アトランティス文明がどんなものだったとか、なぜ滅亡したのか、詳しい言及が、仮説でも良いから読むたかったなぁと思います。アクションシーンは面白いんですけど、それが主軸に成りすぎかなぁという気がしないでもないですね。でも、単純に面白かったです。

  • 3.0
    naomi.k

    面白かったのですが、ある程度読み進んでいくと先が読めてしまいました。でもドキドキ感はありました。

  • non

    4.0
    non

    古典的なミステリーに挑んで、それなりに楽しめました。今後シリーズで読んで行って楽しめるかどうか。期待したいです。

すべての3レビューを表示

  • Richard Thornburg

    感想:★★★★  無条件に楽しめました!!!  下巻に入ってもスピード感は損なわれず、上質の冒険活劇を繰り広げてくれます。  アトランティスを『大陸』ではなく『島』としているところがポイントかな?  確かに『島』にすると規模的にも選択肢が拡がりますので。  信頼していた側に裏切られるのは最近の流行を行く感じです。  作品的には映画化を視野に入れているのか、派手なアクションシーンが多めです。  ちなみにこの作者、既に7作品を刊行しているとのこと。  シリーズの発売が待ち遠しいです。 続きを読む

  • コギコギ555

    アトランティスを巡る人々の思惑がやっと判明。そちらはふむふむと納得。ただ相変わらず、上巻以上の目まぐるしいアクションが続きました。ナチスにしても、フロスト財団にしても、人間ってどうして優劣をつけたがるのかな。 続きを読む

  • w_h_o

    アトランティスがいっぱい。で、謎解きもあるにはあるんだが冒険小説になっとる。ヒロインばりの大活躍美女も…。 遺跡クラッシャーシリーズか~。次も読むかどうかは取り上げるネタ次第だな。 蛇足ながら…訳注が入っているところは本読みなら常識の範囲でないのかな。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品

発売日2016年02月23日(火)

発売日2016年02月23日(火)

発売日2016年01月21日(木)