発売日 2013年09月14日(土)

数学ガールの誕生
理想の数学対話を求めて

著者名:結城 浩(著者)

¥1,300(税別)

ISBN:
978-4-7973-7325-7
サイズ:
四六/1色
ページ数:
280
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・結城 浩

Twitter

Unable to load Tweets

  • 数学ガールファンだけでなく

    5.0
    Amazon Customer

    数学に限らず、分かりやすく教えるヒントに満ちている。体裁などの見た目への配慮。厳密さとわかり易さのトレードオフ丁寧さと簡潔さのトレードオフそれらトレードオフのネジをいかに、読者の目線で調整するか?そのことを教えられた気がします。

  • 5.0
    河井康宏

    『数学ガール』シリーズを使った授業をしている学校へ行って、『数学ガール』を書くに至ったあれやこれやを披露してくださる一冊。その経緯を知りたい人には、必読とも言える本ではないでしょうか。

  • 数学ガールがwebからとは知らなかったです

    5.0
    ナナシ

    C言語プログラミングレッスンのころから、行間の隙間が多い作家さんなんだが、文章が短いわりに簡単に読んだことが忘れ難い作家さんだと思います。柔らかめの文章なんですが、私にとっては読んでいて疲れないし、難しいことが書いてあっても、また読み返して読もうと思う作家だと思います。

すべての9レビューを表示

  • takaC

    ほぼ似たような内容だったが、個人的には第Ⅰ部より第Ⅱ部の方が面白かった。そうなのか中国語訳だと『數學女孩』なのか。読めぬぞ。 続きを読む

  • あーさん☆秋ですし、「積読本」を減らしたい!

    何故にSoftBank?(; ̄Д ̄)? 続きを読む

  • ショウジ

    秘密ノートのシリーズを買おうと思ったのですが、書店で目に留まったのがこちらの本でした。まっいいかと思い購入しました。読んでまずびっくりしたことですが、著者が数学の先生でも専門家?でもなかったことです。ですが、英語の世界でも市橋敬三さんのような方がいらっしゃいますので、数学の世界でもそういうことがあってもいいなと納得しました。逆に言えば、先生や専門家ではないので、無機質な数学をこういう楽しい本に表すことができたのかなと感じました。『この物語が理系の男の子の心をわしづかみにしまして』と書かれています 続きを読む

すべてのレビューを読む