発売日 2014年09月18日(木)

ヴァリアブルファイター・マスターファイル VF-22シュトゥルムフォーゲルII

著者名:GA Graphic(著者) ビックウエスト(監修)

¥2,600(税別)

ISBN:
978-4-7973-7433-9
サイズ:
A4変/フルカラー
ページ数:
128
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・GA Graphic

●GA Graphic: Web情報サイトからスタートしたホビーコンテンツ制作集団。 現在は書籍編集を主に行う。 企画ごとに3DCG、イラスト、模型、テキストなど広い分野にわたる人材の持つ力を結集し、 エンターテインメントコンテンツを創り上げる。 ●代表作:マスターファイルシリーズ/マスターアーカイブモビルスーツシリーズ(ガンダム)/ヴァリアブルファイター・マスターファイルシリーズ(マクロス)など。

監修・ビックウエスト

Twitter

Unable to load Tweets

  • 孤高の誇らしいVF!

    5.0
    say-g178

    数あるVFの中でも異形且つ異質な機体であるVF-22(YF-21)をフューチャー。正直、個人的にあまり好きな機体ではなく半分は惰性で購入したのだが…読んで良かったと心から思っている。統合軍に採用された後も主力のVF-19の日陰に隠れるが如く特殊任務機として(設定上の)本書刊行時にも全容は明らかにされていないという一見、悲劇のVFといった印象だ。開発ストーリーでは愛した方も多いであろう「スーパーノヴァ」が記されている。当然、ガルドも登場するのだが、その後の開発やエピソードにてガルドに対しての尊敬や敬愛を感じずにはいられない表現がされている。マスターファイルシリーズはマニアックな書籍であるが礼智な筆致で綴られており、ところどころに人間の情や熱を大切にする姿勢がみられる。思うにそれが本書の魅力のひとつではないかと強く感じた。戦記は二編、掲載されている。どちらも傑作であり必読だ。なかでも孤軍奮闘するVF-22が描かれている「異空の遭遇戦」は孤高のVFともいえる本機らしい活躍を堪能出来る。欲を言えば他機よりシンプルである変形に関してはCG図解が欲しかったのと、クァドラン系のスタイルであるバトロイド形態にもう少しページを割いて欲しかった。

  • 4.0
    Tada Hideyuki

    VF-19と比べると触れられることが少なかった機体だっただけに、本書を読むことで機体への愛着が高まりました。特に、ステルス機としての特徴を濃厚に記しており、特殊任務機としての側面が強調されていて面白かったです。星1つ減なのは、ガウォーク・バトロイドの記述がほとんどなく、変形機構についてはほぼノータッチだったからです。(←本シリーズではいつものことですが)

  • 期待通り

    4.0
    佐藤宗孝

    期待通りのこだわりです。本文中に触れてる、マクロス7編。期待してますよ、VF-14等も一緒に。

すべての10レビューを表示

  • F4ふぁんとむ

    これはラプターだね。BDIや変形外板による運動性とステルス性の両立等、近未来にはあるかな?と思わせてしまうととこがよいです。このシリーズ好き。 続きを読む

すべてのレビューを読む