発売日 2013年07月13日(土)

放課後四重奏 2

著者名:高木幸一(著者) ぜろきち(イラスト)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-7973-7463-6
サイズ:
文庫
ページ数:
264
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・高木幸一

イラスト・ぜろきち

Twitter

Unable to load Tweets

  • オススメです。

    5.0
    tt9

    オススメです。久しぶりにいいものを読ませてもらいました。1巻より良かったです。

  • 5.0
    アイダホ

    SL会長灰堂の「事実を言っただけ」の発言やメールが、捕球不能の暴投だったり乙女心へのデッドボールだったりなので、SL会女子会員3人は会長に女の子との付き合い方を教育することになります。空上は振ってもしつこく付きまとう水泳部の鮫島に完全に諦めさせるためと、灰堂の教育を兼ねて、偽恋人計画を発動。まず、授業の合間の休憩時間に灰堂が空上に会いに通ってラブラブを周囲にアピールしようとしたら、またまた行きすぎ発言で大騒ぎ。挙句の果てに、土曜日昼過ぎまでは菜花と、その後は草ケ部と練習デートをし、日曜日に空上と偽デートをすることに。その全てで灰堂の天然・純粋発言は彼女達を掻き立てて、SL会女子の恋愛ゲージは急上昇。帯の「恋の導火線が点火する」というコピーはその通り。あの冷静な草ケ部ですら思い切った発言をします。3人娘はドタバタオーバーランすることも多いですが、根本で灰堂に寛容です。灰堂に邪心が無いこともあるけれど、3人娘が一切の濁りなく純で真っ直ぐで正しいからこそなのでしょう。例えば、悪口を言うのは灰堂のことだけで、空上など付きまとうのを振った鮫島すら弁護しています。彼女達が灰堂に「灰堂が耐えられない人付き合い」とは異なる人間関係の存在を思い出させ、「心をもっと開こう」と思わせました。第1巻に比べて甘さ3倍増しですが、くどくなく後味がよい甘さで、例えれば高級砂糖:和三盆。当然★5つ。次回は三枝先生も加わる西京路旅行のお話かな? 先生も灰堂の信頼の輪に加わるか? 恋心の行方に加え、灰堂の心の開き具合が気になります。ぜろきち氏のイラストも絶好調。文章と完全に同期した細かな表情がきっちり可愛く描き込まれていて、挿絵だけ見ていってもストーリーの要点が言えてしまいそう。おまけ:第1巻冒頭、プールに落ちた菜花に灰堂が蘇生措置をするシーンで、まず人工呼吸、続いて心臓マッサージをしましたが、本巻の菜花との練習デートの会話で、心臓マッサージだけでも救命には十分なので人工呼吸はしていないからキスはしていないと菜花をごまかしながら「救急救命方法の訂正」をしています。第1巻を読んで気になってたんですよ、私も。

すべての2レビューを表示

  • 柏葉

    ハーレム状態なのに嫌味が全くなく素晴らしく楽しい。登場人物が魅力的で、いたらいいなと思わせる。 登場人物らが魅力的なのは、誰もが恐れを抱いているからだ。想いが拒否されるかもしれない、無駄かもしれない、嫌われるかもしれない、そんな恐れを抱えつつ、それでも進んだり立ち回ったり素直になったりする。 灰堂は本当にいい男だ。ヒロインの誰もが、灰堂と共にいることで幸せになれると思う。押しは心菜。1巻の密かな告白にやられました。まだしばらくはSL会は和気あいあいとしていて欲しい。さて3巻を手に入れよう! 続きを読む

  • アツシ@疾風(仮)

    やっぱり前作よりも面白い。主人公に対する好意を隠し切れていないヒロインたちが可愛すぎる。ヒロインの告白シーンは意外となかなか見られないので,ニヤニヤしながら読ませていただいてます。ただ,都合の悪い部分は『…』で誤魔化すことが多いように感じるので,それが難点かな。何か次巻くらいで終わりそうな感じですが,できればもう少し長く続けて欲しい。 続きを読む

  • 八岐

    ありきたりのデートイベントかと思いきや、これが本当のデートそのもので見ていて微笑ましいやら楽しいやら。灰堂のイケメンレベルは天井知らずだなあ。セオリーを知らないというのは、当人が真摯で実直だとここまで強力な攻撃力になるのか。女性陣も非常に積極的に動くことを辞さないので、楽しくも緊張感が途切れないのがまたいいんですよね。 続きを読む

すべてのレビューを読む