発売日 2015年04月15日(水)

天壌穿つ神魔の剣 2

著者名:高木幸一(著者) 狐印(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-8318-8
サイズ:
文庫
ページ数:
296
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・高木幸一

イラスト・狐印

「俺はまだ恋に落ちていない」(イラスト:庭)でGA文庫大賞《期待賞》を受賞し、デビュー。
ほか「放課後四重奏」(イラスト:ぜろきち)。

Twitter

  • まりも

    喋る剣ルガイアの呪いを解く為に欠片を探すアーク一行がエード大陸に渡り、村の歌の大会の景品になっている欠片を手に入れる為に大会に参加する話。今回も面白かった事は面白かったんですが、全体的に色々と詰め込みすぎな気がしますね。リリア、ティア、ミレイとの三角関係を進めるのは良いんだけど、暗殺者との戦いは色々と唐突すぎてイマイチ面白みを感じませんでした。次巻で終わりそうな気配ですが、この状態でどう動かすのか楽しみでもあり、ちょっと怖くもありますね。 続きを読む

  • よっち

    呪われた剣ルガイアの欠片を探す傭兵アークが、その導きにより仲間たちと共にエード大陸へ渡る第二弾。今回とある村の歌の大会の景品になっていた欠片を取り戻すため、アークがミレイと大会に参加するわけですが、リリアやティアのアプローチが空振りがちな展開でミレイに新たにフラグが立ったり、世界観が若干描写不足気味なまま物語が終盤に向かっているような印象もあったりで、物語全体の長さと書きたかったことの取捨選択を、少し整理した方が良かったのかもしれないですね。次巻あたりでどういう展開にするのか、気になるところではあります。 続きを読む

  • しぇん

    今巻はミレイ回なのでしょうが、イベント盛りだくさんで、やや消化しているだけの感を受けたのと、最後残りの4個が一気に集まりそうなフラグから次で終わりなのかなと思ったりも。バトルは丁寧に書かれてるんですが相変わらず何か熱量足りなく感じてしまいました。ヒロインではミレイが一番好きなので一緒に歌うイベントは良かったです。 続きを読む

すべてのレビューを読む